12月13日

広告

広告

12月13日の設定されている記念日

最終更新
2010-01-24T17:43:26+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/calender/december/date13.html#memorial_day
正月事始め
煤払い、松迎えとも。年神様を迎える準備を始める日とされる。むかしはこの日に、門松お雑煮を炊くための薪など、お正月に必要な木を山へ取りに行った。江戸時代中期まで使われていた宣明暦では、旧暦12月13日二十八宿は必ず「鬼」になっており、鬼の日は婚礼以外は全てのことに吉とされているため、正月の年神様を向かえるのに良いとしてこの日が選ばれた。その後の暦では日付と二十八宿とは一致しなくなったが、正月事始めの日付は12月13日のままとなった。
ビタミンの日
「ビタミンの日」制定委員会が2000年9月に制定。1910年、鈴木梅太郎博士が米糠から抽出した脚気(かっけ)を予防する成分に「オリザニン」と命名したことを東京化学会で発表したことにちなむ。オリザニンは後に、この1年後に発見されたビタミンB1と同じ物質であることが判明した。
双子の日
1874年、「双子の場合は、先に産まれた方を兄・姉とする」との太政官布告が出されたことにちなむ。それまでは、後に産まれた子を兄・姉とする地方もあった。
大掃除の日
株式会社東和総合サービスが制定。正月事始めにちなむ。
聖ルチアの日
眼・ガラス・農業の守護聖女、聖ルチアの日。婚約者を捨ててキリスト教徒となったが、婚約者が彼女の目の美しさを忘れられないでいることを知ったため自分の目をくりぬいて婚約者に送り、彼もキリスト教徒になったと言われる。スウェーデンでは、クリスマスに若い女性が「ルチアの花冠」を被ってパンとコーヒーを恵まれない人に配る風習がある。

毎月13日に設定されている記念日

毎月第2土曜日に設定されている記念日

12月13日を含む期間を設定している運動など

12月13日の誕生花など

最終更新
2007-08-16T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/calender/december/date13.html#birthday

12月13日の誕生花

誕生花以外の誕生○○

12月13日の誕生星:シータ・オピウーキ【θ Ophiuchi】(へびつかい座θ星
集中しないアドベンチャー
12月13日の誕生石:ネフライト
成熟の魅力
12月13日の誕生鳥:ウミアイサ
おしゃれ
12月13日の誕生魚:チョウザメ
露骨に嫌な顔
12月13日の誕生虫:トラフカミキリ
ほしかったハンドバック
12月13日の誕生果:ウィンター・ネリス(洋なし)
秘密
12月13日の誕生すし:なっとうまき
ねばり

12月13日の歴史上のできごと

最終更新
2007-09-12T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/calender/december/date13.html#history

出典等は365日資料集をご覧下さい。

広告

Copyright (C) 2010 七鍵 key@do.ai 初版:2007年02月06日 最終更新:2010年01月24日