オランダ

広告

広告

オランダの基本情報

最終更新
2007-03-16T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/w_europa/nld.html#basic
国・地域名(ISO 3166-1による英語名)
オランダ王国【Netherlands】。公式の英語表記は、Kingdom of the Netherlands。
首都
アムステルダム【Amsterdam】(政庁所在地ハーグ)
国旗
オランダの国旗
人種
ゲルマン系オランダ人96%
言語
オランダ語(公用語)
宗教
キリスト教(カトリック32%、プロテスタント22%)、イスラム教3%
通貨
ユーロ:Euro(EUR)(1999年以前の通貨は、ギルダー)
3文字国名コード/2文字国名コード/数字国名コード
NLD/NL/528
人口/面積
16,318,199/41,526平方キロメートル北海道の約半分)
国歌/国花/国鳥
ウィルヘルム・ヴァン・ナッソウ/チューリップ/ヘラサギ(トキ科)
漢字による表記
和蘭/阿蘭陀/和蘭陀
時間帯
UTC (+ 1)(DST: (+ 2))
ccTLD
.NL
国際電話番号
31

オランダのその他情報

最終更新
2007-03-16T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/w_europa/nld.html#other

オランダの地形

オランダの場所

ヨーロッパ北西部に位置し、東はドイツ、南はベルギーと国境を接し、北と西は北海に面する。ライン川とマース川の河口にできた低地で、国土の4分の1は堤防で守られたポルダーとよばれる海面下の干拓地。運河と排水路で区画された平坦な土地で、南東部の最高地点でも標高はわずか321m。北海岸には砂丘が連なる。

オランダの気候

偏西風とメキシコ湾流の影響で、夏は比較的涼しく冬の積雪も少い温和な気候。西方海上から吹き付ける風と曇天の多いことが特徴。

オランダの経済

第2次世界大戦後、急速な工業化と農業の高度な集約化が実施され、オランダは周辺のヨーロッパの大国に比べて高度の工業水準を有する工業国としての地位を固めた。農業の全体の産業に占める割合は小さいものの、重要な産業の1つである。高度な集約化・機械化により農業の生産性はヨーロッパ連合諸国の中でも高く、農民の生活は総じて豊か。酪農や園芸、果樹栽培が盛んで、チューリップとチーズは特に有名。ニシン、たら、さばなどの遠洋漁業が昔から盛んであったが、20世紀に入り漁法の近代化が遅れて衰退。沿岸漁業はムール貝、かき、えび、舌平目が中心。オランダの工業には天然ガス、石油、岩塩があるが、天然ガスを除きいずれも小規模。鉱物資源が乏しいにもかかわらず20世紀にはいって金属工業を確立。すず、アルミニウム、亜鉛の精錬も行われている。代表的な製造工業としては製鉄、機械、電気機器、造船、航空機などの金属工業が第一に挙げられ、これについで食品加工業、化学工業があげられる。ロッテルダムのユーロポートは世界一の貿易港で欧州連合(EU)の玄関。伝統的に貿易が盛んなため、銀行や保険業も発達している。

主要貿易品目

輸出は機械・輸送機器、化学品、鉱産物(天然ガス)。輸入は機械・輸送機器、鉱産物(原油)、化学品。

主要貿易相手国

輸出はドイツベルギールクセンブルクイギリスフランス。輸入はドイツ、ベルギー・ルクセンブルク、アメリカ、イギリス。

2002年

オランダの歴史

オランダの文化

広告

当ページ作成にあたり、参考にさせてもらったリソース

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年03月05日 最終更新:2007年03月16日