IPv6ユニキャストアドレス割り当て体系(マルチホームルーティングドメインについての勧告)

広告

広告

原文

最終更新
2006-10-19T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/rfc/1887/rfc1887_52.html#source

IPv6ユニキャストアドレスの割り当て体系(和訳)

最終更新
2006-10-30T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/rfc/1887/rfc1887_52.html#translation

5.2 マルチホームルーティングドメインについての勧告

   Some routing domains will be attached to multiple TRDs within the
   same country, or to TRDs within multiple different countries. We
   refer to these as `multi-homed' routing domains. Clearly the strict
   hierarchical model discussed above does not neatly handle such
   routing domains.

いくつかのルーティングドメインは、同じ国内の複数のTRD、もしくは異なる複数の国のTRDに接続する。これらをマルチホームルーティングドメインと呼ぶ。既に議論された厳密な階層モデルが、そのようなルーティングドメインを適切に扱わないことは明白である。

   There are several possible ways that these multi-homed routing
   domains may be handled, as described in Section 4.4.  Each of these
   methods vary with respect to the amount of information that must be
   maintained for inter-domain routing and also with respect to the
   inter-domain routes. In addition, the organization that will bear the
   brunt of this cost varies with the possible solutions. For example,
   the solutions vary with respect to:

     - Resources used within routers within the TRDs;

     - Administrative cost on TRD personnel; and,

     - Difficulty of configuration of policy-based inter-domain routing
        information within leaf routing domains.

4.4章で触れたように、これらのマルチホームルーティングドメインが扱われることのあるいくつかの方法がある。これらの方法は各々、ドメイン間ルーティングを保持すべき情報の量によって、及び更にドメイン間経路によって異なる。更に、このコストの矢面に立つ組織は解決策に応じて異なる。例えば、解決策は以下によって異なる:

   Also, the solution used may affect the actual routes which packets
   follow, and may effect the availability of backup routes when the
   primary route fails.

更に、用いられる解決策は、パケット通過する実際の経路に影響することもあるし、主要な経路が失敗となる場合にはバックアップ経路の有効性に左右されることもある。

   For these reasons it is not possible to mandate a single solution for
   all situations. Rather, economic considerations will require a
   variety of solutions for different routing domains, service
   providers, and backbones.

これらの理由のために、全ての状況を解決する唯一の策を考えることは不可能である。更に正確に言えば、経済的考察は異なるルーティングドメイン、サービスプロバイダ、バックボーンのための様々な解決策を要求するだろう。

広告

Copyright (C) 2006 七鍵 key@do.ai 初版:2006年10月19日 最終更新:2006年10月30日