IPv6ユニキャストアドレス割り当て体系(大陸の集合)

広告

広告

原文

最終更新
2006-10-19T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/rfc/1887/rfc1887_47.html#source

IPv6ユニキャストアドレスの割り当て体系(和訳)

最終更新
2006-10-30T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/rfc/1887/rfc1887_47.html#translation

4.7 大陸の集合

   Another level of hierarchy may also be used in this addressing scheme
   to further reduce the amount of routing information necessary for
   global routing.  Continental aggregation is useful because
   continental boundaries provide natural barriers to topological
   connection and administrative boundaries.  Thus, it presents a
   natural boundary for another level of aggregation of inter-domain
   routing information.  To make use of this, it is necessary that each
   continent be assigned an appropriate contiguous block of addresses.
   Providers (both direct and indirect) within that continent would
   allocate their addresses from this space.  Note that there are
   numerous exceptions to this, in which a service provider (either
   direct or indirect) spans a continental division.  These exceptions
   can be handled similarly to multi-homed routing domains, as discussed
   above.

別のレベルの階層もまた、グローバルなルーティングに必要なルーティング情報の量を更に減らすためにこのアドレススキームを用いることがある。大陸の境界はトポロジ的な接続及び管理上の境界に自然な区切りを提供するため、大陸の集合は有用である。従って、ドメイン間ルーティング情報の別のレベルの集合の自然な境界を示すこととなる。これを用いるために、各大陸は隣接する適切なアドレスブロックを割り当てられる必要がある。その大陸のプロバイダ(直接と間接両方)は、この空間からアドレスを割り当てる。サービスプロバイダ(直接か間接)が大陸の区切り範囲を見分ける多数の例外があることに注意が必要である。すでに議論されたように、これらの例外によって同様にマルチホームなルーティングドメインを処理することができる。

   The benefit of continental aggregation is that it helps to absorb the
   entropy introduced within continental routing caused by the cases
   where an organization must use an address prefix which must be
   advertised beyond its direct provider.  In such cases, if the address
   is taken from the continental prefix, the additional cost of the
   route is not propagated past the point where continental aggregation
   takes place.

大陸の集合を用いる利点は、組織が直接のプロバイダを超えてアドバタイズされるアドレスプレフィックスを用いなければならない場合に起こる大陸のルーティング内に導入されたエントロピーの吸収を助けることである。その場合、アドレスが大陸のプレフィックスから得られるのであれば、経路の追加コストは大陸の集合が位置するポイントを越えては広められない。

   Note that, in contrast to the case of providers, the aggregation of
   continental routing information may not be done on the continent to
   which the prefix is allocated.  The cost of inter-continental links
   (and especially trans-oceanic links) is very high.  If aggregation is
   performed on the `near' side of the link, then routing information
   about unreachable destinations within that continent can only reside
   on that continent.  Alternatively, if continental aggregation is done
   on the `far' side of an inter-continental link, the `far' end can
   perform the aggregation and inject it into continental routing.  This
   means that destinations which are part of the continental
   aggregation, but for which there is not a corresponding more specific
   prefix can be rejected before leaving the continent on which they
   originated.

プロバイダの場合とは対照的に、大陸のルーティング情報の集合はプレフィックスが割り当てられる大陸上で行われないかもしれないことに注意が必要である。大陸間リンク(特に大洋を経てのリンク)のコストは非常に高い。集合がリンクの「近い」側で行われる場合、その大陸内の到達不可能な宛先についてのルーティング情報はその大陸でしか用いられない。大陸の集合が大陸間リンクの遠い側でなされるか、遠い端が集合を形成でき大陸のルーティングを導入するかどちらかである。これは、大陸の集合の部分ではあるがより特殊なプレフィックスに相当しない宛先が、それらが生じた大陸を出る前に拒絶することができる。

   For example, suppose that Europe is assigned a prefix of 46/8, such
   that European routing also contains the longer prefixes 46DC:0A01/32
   and 46DC:0A02/32 .  All of the longer European prefixes may be
   advertised across a trans-Atlantic link to North America.  The router
   in North America would then aggregate these routes, and only
   advertise the prefix 46/8 into North American routing.  Packets which
   are destined for 46DC:0A01:1234:5678:ABCD:8765:4321:AABB would
   traverse North American routing, but would encounter the North
   American router which performed the European aggregation.  If the
   prefix 46DC:0A01/32 is unreachable, the router would drop the packet
   and send an unreachable message without using the trans-Atlantic
   link.

例えば、ヨーロッパのルーティングが更に長いプレフィックス46DC:0A01/32及び46DC:0A02/32を含むような46/8とのプレフィックスがヨーロッパに割り当てられると仮定する。より長い全てのヨーロッパのプレフィックスは、北アメリカへ大西洋を横断するリンクでアドバタイズされるかもしれない。その後、北アメリカのルータはこれらの経路を集約し、北アメリカのルーティングにプレフィックス46/8のみをアドバタイズするだろう。46DC:0A01:1234:5678:8765:4321:AABBが割り当てられたパケットは北アメリカのルーティングを横断するが、ヨーロッパの集合を形成する北アメリカのルータを経由するだろう。46DC:0A01/32プレフィックスが到達不可能な場合、ルータはパケットを損失し、大西洋横断リンクを用いず到達不可能なメッセージを送信するだろう。

広告

Copyright (C) 2006 七鍵 key@do.ai 初版:2006年10月19日 最終更新:2006年10月30日