IPv6ユニキャストアドレス割り当て体系(アドレス割り当て計画についての勧告)

広告

広告

原文

最終更新
2006-10-19T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/rfc/1887/rfc1887_51.html#source

IPv6ユニキャストアドレスの割り当て体系(和訳)

最終更新
2006-10-30T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/rfc/1887/rfc1887_51.html#translation

5.1 アドレス割り当て計画についての勧告

   We anticipate that public interconnectivity between private routing
   domains will be provided by a diverse set of TRDs, including (but not
   necessarily limited to):

     - Backbone networks;

     - A number of regional or national networks; and,

     - A number of commercial Public Data Networks.

以下(必須ではなく制限された)を含むTRDの各種集合によって、プライベートルーティングドメインのパブリックな相互接続が提供されると予想する:

   These networks will not be interconnected in a strictly hierarchical
   manner (for example, there is expected to be direct connectivity
   between regionals, and all of these types of networks may have direct
   international connections).  These TRDs will be used to interconnect
   a wide variety of routing domains, each of which may comprise a
   single corporation, part of a corporation, a university campus, a
   government agency, or other organizational unit.

これらのネットワークは、完全に階層的な方法で相互間接続しないだろう(例えば、地域間で直接的な接続が期待され、ネットワークの全てのこれらのタイプが直接国際的な接続を行う)。これらのTRDは、単一の企業、企業の一部、大学キャンパス、政府系機関、他の組織単位のような様々なルーティングドメインを相互連結するために用いられるだろう。

   In addition, some private corporations may be expected to make use of
   dedicated private TRDs for communication within their own
   corporation.

更に、いくつかの民間会社は企業内通信のための専用のプライベートTRDを用いることが想定される。

   We anticipate that the great majority of routing domains will be
   attached to only one of the TRDs. This will permit hierarchical
   address aggregation based on TRD. We therefore strongly recommend
   that addresses be assigned hierarchically, based on address prefixes
   assigned to individual TRDs.

非常に大多数のルーティングドメインが、たった1つのTRDに接続されると予想する。これはTRDに基づいた階層的なアドレスの集合を認めるものである。従って、アドレスが個々のTRDに割り当てられたアドレスプレフィックスに基づいて階層的に割り当てられるよう強く推奨する。

   To support continental aggregation of routes, we recommend that all
   addresses for TRDs which are wholly within a continent be taken from
   the continental prefix.

経路の大陸の集合を支援するため、大陸内にあるTRDのための全てのアドレスが大陸プレフィックスから得られるよう勧める。

   For the proposed address allocation scheme, this implies that
   portions of IPv6 address space should be assigned to each TRD
   (explicitly including the backbones and regionals). For those leaf
   routing domains which are connected to a single TRD, they should be
   assigned a prefix value from the address space assigned to that TRD.

提案されたアドレス割り当てスキームは、IPv6アドレス空間の部分が各TRD(明示的にバックボーンと地域を含む)に割り当てられるべきだと暗示している。単一のTRDに接続されるリーフルーティングドメインについては、そのTRDに割り当てられたアドレス空間からプレフィックスの値を割り当てられるべきである。

   For routing domains which are not attached to any publically
   available TRD, there is not the same urgent need for hierarchical
   address aggregation. We do not, therefore, make any additional
   recommendations for such `isolated' routing domains.  Where such
   domains are connected to other domains by private point-to-point
   links, and where such links are used solely for routing between the
   two domains that they interconnect, again no additional technical
   problems relating to address abbreviation is caused by such a link,
   and no specific additional recommendations are necessary.  We do
   recommend that since such domains may wish to use a private address
   space, that the addressing plan specify a specific prefix for private
   addressing.

公共的に利用可能なTRDに接続されないルーティングドメインについては、階層的なアドレス集合の同じ緊急の必要性はない。従って、そのような別のルーティングドメインの追加勧告を行わない。そのようなドメインがプライベートなポイントツーポイントリンクによって他のドメインに接続される場合、且つそのようなリンクが相互接続される2つのドメイン間をルーティングするために再び用いられる場合、アドレスの省略に関る追加の技術的な問題がそのようなリンクによって引き起こされることはなく、特定の追加勧告が必要となる。そのようなドメインがプライベートアドレス空間を希望するようなプライベートアドレス割り当てのための特別なプレフィックスを指定するアドレス計画を推奨する。

   Further, in order to allow aggregation of IPv6 addresses at national
   and continental boundaries into as few prefixes as possible, we
   further recommend that IPv6 addresses allocated to routing domains
   should be assigned based on each routing domain's connectivity to
   national and continental Internet backbones.

更に、可能な限り少数のプレフィックスに国境及び大陸の境界でIPv6アドレスの集合を認めるために、ルーティングドメインに割り当てられたIPv6アドレスは国と大陸のインターネットバックボーンへの各ルーティングドメイン接続に基づいて割り当てられるべきである。

広告

Copyright (C) 2006 七鍵 key@do.ai 初版:2006年10月19日 最終更新:2006年10月30日