ベナン

広告

広告

ベナンの基本情報

最終更新
2007-04-13T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/w_africa/ben.html#basic
国・地域名(ISO 3166-1による英語名)
ベナン共和国【Benin】。公式の英語表記は、Republic of Benin。
首都
ポルトノボ【Porte Novo】(憲法上の首都はポルトノボだが、政府所在地はコトヌー【Cotonou】)
国旗
ベナンの国旗
人種
フォン族、ヨルバ族(南部)、アジャ族(モノ、クフォ川流域)、バリタ族、プール族(北部)、ソンバ族(アタコラ山地、トーゴ間)等46部族
言語
フランス語(公用語)、フォン語、ヨルバ語など各民族語
宗教
伝統的宗教(ヴォドゥン(ヴードゥー教))(65%)、キリスト教(20%)、イスラム教(15%)
通貨
CFA(アフリカ金融共同体)フラン:Communaute Financiere Africaine Franc(XOF)
3文字国名コード/2文字国名コード/数字国名コード
BEN/BJ/204
人口/面積
7,250,033/112,620平方キロメートル(日本の約3分の1)
国歌/国花/国鳥
新しい日の始まり/-/-
漢字による表記
貝ィ
時間帯
UTC (+1)(DST: なし)
ccTLD
.BJ
国際電話番号
229

ベナンのその他情報

最終更新
2007-04-13T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/w_africa/ben.html#other

ベナンの地形

ベナンの場所

西アフリカに位置し南北に長く、西はトーゴ、北西はブルキナファソ、北東はニジェール、東はナイジェリアと接し、南はギニア湾に面する。北はニジェール川、南はベナン湾に挟まれており、ベニン湾岸は平野、北部は標高200〜500mの高原状の地形で南から北へ向かって高くなっている。ほとんどの人口は南の海岸平野地帯に集中する。北部に源を発するウェメ川が国土を南北に貫流している。

ベナンの気候

南部は高温多湿の熱帯雨林気候で、比較的雨量は少ないが、4〜7月と9〜11月の2回雨季がある。中部はサバナ気候、北部は乾燥気候で、5〜9月が雨季。

ベナンの経済

国民の大半が農業に従事。綿花、コーヒー、パームオイルなどの輸出用品目のほか、自給用のトウモロコシなどが栽培されている。社会主義時代に農業を基盤とした国家建設を進めていたため、食糧自給率は高い。林業・漁業は未発達。工業は1次産品の加工が小規模に行われる程度。世界屈指の原油埋蔵量を誇るギニア湾に面しているが、油層に恵まれないためか1980年代に小規模な海底油田が開発されて以降、開発は停滞している。1989年経済の行詰りからマルクス・レーニン主義を放棄し、民営化を進めている。

主要貿易品目

輸出は綿花。輸入は食品、資本財、石油製品。

主要貿易相手国

輸出は中国インドタイガーナニジェール。輸入は中国、フランスイギリスコートジボワール、タイ。

2003年

ベナンの歴史

ベナンの文化

広告

当ページ作成にあたり、参考にさせてもらったリソース

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年03月05日 最終更新:2007年04月13日