ニジェール

広告

広告

ニジェールの基本情報

最終更新
2007-04-10T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/c_africa/ner.html#basic
国・地域名(ISO 3166-1による英語名)
ニジェール共和国【Niger】。公式の英語表記は、Republic of Niger。
首都
ニアメ【Niamey】
国旗
ニジェールの国旗
人種
ハウサ族、ジェルマ・ソンガイ族、カヌウリ族、トゥアレグ族、トゥープー族、プール族等
言語
フランス語(公用語)、ハウサ語、トゥアレグ語等
宗教
イスラム教約75%、その他はキリスト教、原始宗教
通貨
CFA(アフリカ金融共同体)フラン:Communaute Financiere Africaine Franc(XOF)
3文字国名コード/2文字国名コード/数字国名コード
NER/NE/562
人口/面積
11,360,538/1,267,000平方キロメートル(日本の3.4倍)
国歌/国花/国鳥
ニジェール人よ/-/カグー
漢字による表記
尼日爾
時間帯
UTC (+1)(DST: なし)
ccTLD
.NE
国際電話番号
227

ニジェールのその他情報

最終更新
2007-04-10T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/c_africa/ner.html#other

ニジェールの地形

ニジェールの場所

西アフリカ、サハラ砂漠南縁のサヘル地帯に位置する内陸国。アルジェリアマリブルキナファソベナンナイジェリアチャドリビアと国境を接する。北部中央に最高2000mに達するアイル山地があり、中部及び北部は起伏の多い高原状の砂漠地、東南部はチャド湖へ続くステップ地帯、南部はサバナ平原が広がり、南西部にニジェール川が流れる。国土の3分の2をサハラ砂漠が占める。

ニジェールの気候

北部は高温乾燥の砂漠気候。南部はサバナ気候で6月〜10月が雨季に当たり多湿。

ニジェールの経済

農業、畜産業、鉱業が主産業。世界最貧国の1つ。ニジェール川流域で穀物、落花生、綿花が栽培され、北部では遊牧が行われている。鉱業の主力であるウランは確認できるだけで世界第3位の埋蔵量を誇る。アクータ鉱山など、日本にもゆかりのある鉱山があり、ウラン関連産業が全雇用の約20%を占める。その他にスズや金を産出。工業は食品加工などわずかに行われている程度。ウラン価格の低下や度重なる政情不安による海外援助が途絶え、1999年末には国家経済が事実上の破産状態に。しかし2000年12月、国際通貨基金(IMF)などは貧困削減対策として、ニジェール政府が背負う8億9,000万ドルの債務免除を発表し、7,600万ドルの融資を決定するなど明るい兆しも見えてきている。

主要貿易品目

輸出はウラニウム、家畜。輸入は食品、資本財、石油製品。

主要貿易相手国

輸出はフランスナイジェリア日本。輸入はフランス、コートジボワール中国

2003年

ニジェールの歴史

ニジェールの文化

広告

当ページ作成にあたり、参考にさせてもらったリソース

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年03月05日 最終更新:2007年04月10日