リビア

広告

広告

リビアの基本情報

最終更新
2007-04-20T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/n_africa/lby.html#basic
国・地域名(ISO 3166-1による英語名)
大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国【Libyan Arab Jamahiriya】。公式の英語表記は、the Great Socialist People's Libyan Arab Jamahiriya。
首都
トリポリ【Tripoli】
国旗
リビアの国旗
人種
アラブ人、ベルベル族、トゥアレグ族
言語
アラビア語(公用語)
宗教
イスラム教(スンニ派)97%
通貨
リビア・ディナール:Libyan Dinar(LYD)
3文字国名コード/2文字国名コード/数字国名コード
LBY/LY/434
人口/面積
5,631,585/1,759,540平方キロメートル(日本の約4.6倍)
国歌/国花/国鳥
神は偉大なり/ザクロ/-
漢字による表記
利比亜
時間帯
UTC (+2)(DST: なし)
ccTLD
.LY
国際電話番号
218

リビアのその他情報

最終更新
2007-04-20T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/n_africa/lby.html#other

リビアの地形

リビアの場所

北アフリカに位置し、東はエジプト、南東はスーダン、南はチャドニジェール、西はアルジェリアチュニジアと国境を接し、北は地中海に面する。サハラの一部で国土の90%が砂漠。チャド国境付近を除いて高い山のない平坦な地形。西部のトリポリタニアは200〜300mの高原状台地、東部のシレナイカは平野、南部のフェザンは高原状の砂漠地帯で山脈が走る。首都のトリポリ(タラブルス)、ベンガジ、第二次世界大戦当時の激戦地として知られるトブルクが主要都市。

リビアの気候

北部の沿岸部は地中海性気候で夏は高温乾燥、冬は温暖で降水もわずかにある。内陸部は年中高温乾燥の砂漠気候でほとんど降水がない。

リビアの経済

農業は地中海沿岸で穀物、果実、綿花が栽培されているが、耕地は全土の3%以下にすぎず、食糧の多くを輸入している。オアシスでは遊牧、地中海沿岸では漁業が行われる。経済の柱は1959年に発見された石油で、現在は世界有数の産油国。埋蔵量はアフリカ最大といわれている。原油の輸出から、石油関連産業、セメント工業へと発展している。公的サービスはほとんど無料。パンナム機爆破事件に伴う国連の経済制裁により低迷したが、1999年に解除され急速に回復しつつある。

主要貿易品目

輸出は石油等。輸入は自動車、電器製品、食糧品等。

主要貿易相手国

輸出はイタリアドイツスペイン。輸入はイタリア、ドイツ、イギリス

2004年

リビアの歴史

リビアの文化

広告

当ページ作成にあたり、参考にさせてもらったリソース

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年03月05日 最終更新:2007年04月20日