モーリタニア

広告

広告

モーリタニアの基本情報

最終更新
2007-04-19T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/w_africa/mrt.html#basic
国・地域名(ISO 3166-1による英語名)
モーリタニア・イスラム共和国【Mauritania】。公式の英語表記は、Islamic Republic of Mauritania。
首都
ヌアクショット【Nouakchott】
国旗
モーリタニアの国旗
人種
アラブ人、モール人、アフリカ系
言語
アラビア語(国語・公用語)フランス語(公用語)
宗教
イスラム教(国教)
通貨
ウギア:Ouguiya(MRO)
3文字国名コード/2文字国名コード/数字国名コード
MRT/MR/478
人口/面積
2,998,563/1,030,700平方キロメートル(日本の約2.7倍)
国歌/国花/国鳥
(モーリタニアの国歌)/-/-
漢字による表記
毛里塔尼亜
時間帯
UTC (0)(DST: なし)
ccTLD
.MR
国際電話番号
222

モーリタニアのその他情報

最終更新
2007-04-19T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/w_africa/mrt.html#other

モーリタニアの地形

モーリタニアの場所

アフリカ北西部に位置し、西サハラアルジェリアマリセネガルと国境を接し、大西洋に面する。大西洋沖にはカーボベルデがある。国土の大半を不毛なサハラ砂漠が占める。南部はサヘル地帯とよばれるサハラ砂漠とステップ地帯の中間地で、砂丘とサバナが交錯していたが近年は砂漠化している。中央部にリシャット構造と呼ばれる同心円状の特徴的な地形がある。

モーリタニアの気候

北部と中部は高温乾燥の砂漠気候で年間降水量は100mm以下。南西部はサバナ気候で、北東貿易風の影響で冬季に降雨がある。沿岸部はカナリア寒流の影響で暑熱にはならない。

モーリタニアの経済

労働人口の80%が農民だが可耕地はセネガル川流域のわずか1%。オアシス農業のほかは、多くが砂漠地で細々とヤギやラクダの遊牧を行っている。水産業に力を入れ魚介類が輸出額の4割を超える。主にタコとイカ。最大の輸出品は鉄鉱石。かつて豊富であった同鉱山は閉鎖された。2006年2月から原油の生産を開始、今後の経済の再活性化、多様化につながると見られている。

主要貿易品目

輸出は魚介類、鉄鉱石。輸入は石油調査機械、石油製品。

2006年

主要貿易相手国

輸出はイタリア日本フランスドイツ。輸入はフランス、イギリスアメリカ中国

2005年

モーリタニアの歴史

モーリタニアの文化

広告

当ページ作成にあたり、参考にさせてもらったリソース

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年03月05日 最終更新:2007年04月19日