IPv6用経路MTU探索(他のトランスポートプロトコルの問題)

広告

広告

原文

最終更新
2006-10-30T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/rfc/1981/rfc1981_55.html#source

IPv6用経路MTU探索(和訳)

最終更新
2006-10-30T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/rfc/1981/rfc1981_55.html#translation

5.5 他のトランスポートプロトコルの問題

   Some transport protocols (such as ISO TP4 [ISOTP]) are not allowed to
   repacketize when doing a retransmission.  That is, once an attempt is
   made to transmit a segment of a certain size, the transport cannot
   split the contents of the segment into smaller segments for
   retransmission.  In such a case, the original segment can be
   fragmented by the IP layer during retransmission.  Subsequent
   segments, when transmitted for the first time, should be no larger
   than allowed by the Path MTU.

(ISO TP4[ISOTP]のような)トランスポートプロトコルには、再送を行う際に際パケット化を認めないものがある。すなわち、一度一定サイズのセグメント伝送が試行されれば、トランスポートは再送のためにより小さいセグメントへとセグメントの内容を分割することができない。そのような場合、元になるセグメントは再送の間IP層によってフラグメント化されることができる。最初の伝送時、後続するセグメントは経路MTUによって認められた値よりも大きくあるべきではない。

   The Sun Network File System (NFS) uses a Remote Procedure Call (RPC)
   protocol [RPC] that, when used over UDP, in many cases will generate
   payloads that must be fragmented even for the first-hop link.  This
   might improve performance in certain cases, but it is known to cause
   reliability and performance problems, especially when the client and
   server are separated by routers.

Sun Network File System(NFS)は、UDP上で用いられる際に多くの場合最初のホップリンクさえ分割されなければならないペイロードを生成するRPCプロトコルを用いる。これは確かにパフォーマンスが改善されるかもしれないが、信頼性とパフォーマンスの問題を、特にクライアント及びサーバがルータを介するとき、引き起こすことが知られている。

   It is recommended that NFS implementations use Path MTU Discovery
   whenever routers are involved.  Most NFS implementations allow the
   RPC datagram size to be changed at mount-time (indirectly, by
   changing the effective file system block size), but might require
   some modification to support changes later on.

ルータが含まれる際は常に、NFS実装は経路MTU探索を用いることが推奨される。殆どのNFS実装は、RPCデータグラムサイズにマウント時間で変更されることを認めるが(間接的に、効果的なファイルシステムブロックサイズを変更することにより)、後に変更をサポートするいくつかの変更を要するかもしれない。

   Also, since a single NFS operation cannot be split across several UDP
   datagrams, certain operations (primarily, those operating on file
   names and directories) require a minimum payload size that if sent in
   a single packet would exceed the PMTU.  NFS implementations should
   not reduce the payload size below this threshold, even if Path MTU
   Discovery suggests a lower value.  In this case the payload will be
   fragmented by the IP layer.

同様に、単一のNFSオペレーションはいくつかのUDPデータグラムを分割できないので、確実なオペレーション(主にファイル名とディレクトリ操作)のためには送信される単一のパケットがPMTUを超えるおそれのある最小ペイロードサイズを要する。NFS実装は、例え経路MTU探索がより小さい値を示していたとしても、この値よりも小さいペイロードサイズに減らすべきではない。この場合、ペイロードはIP層によってフラグメント化されるだろう。

広告

Copyright (C) 2006 七鍵 key@do.ai 初版:2006年10月30日 最終更新:2006年10月30日