IPv6用経路MTU探索(用語)

広告

広告

原文

最終更新
2006-10-30T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/rfc/1981/rfc1981_2.html#source

IPv6用経路MTU探索(和訳)

最終更新
2006-10-30T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/rfc/1981/rfc1981_2.html#translation

2. 用語

   node        - a device that implements IPv6.

   router      - a node that forwards IPv6 packets not explicitly
                 addressed to itself.

   host        - any node that is not a router.

   upper layer - a protocol layer immediately above IPv6.  Examples are
                 transport protocols such as TCP and UDP, control
                 protocols such as ICMP, routing protocols such as OSPF,
                 and internet or lower-layer protocols being "tunneled"
                 over (i.e., encapsulated in) IPv6 such as IPX,
                 AppleTalk, or IPv6 itself.

   link        - a communication facility or medium over which nodes can
                 communicate at the link layer, i.e., the layer
                 immediately below IPv6.  Examples are Ethernets (simple
                 or bridged); PPP links; X.25, Frame Relay, or ATM
                 networks; and internet (or higher) layer "tunnels",
                 such as tunnels over IPv4 or IPv6 itself.

   interface   - a node's attachment to a link.

   address     - an IPv6-layer identifier for an interface or a set of
                 interfaces.

   packet      - an IPv6 header plus payload.

   link MTU    - the maximum transmission unit, i.e., maximum packet
                 size in octets, that can be conveyed in one piece over
                 a link.

   path        - the set of links traversed by a packet between a source
                 node and a destination node

   path MTU    - the minimum link MTU of all the links in a path between
                 a source node and a destination node.

   PMTU        - path MTU

   Path MTU
   Discovery   - process by which a node learns the PMTU of a path

   flow        - a sequence of packets sent from a particular source
                 to a particular (unicast or multicast) destination for
                 which the source desires special handling by the
                 intervening routers.

   flow id     - a combination of a source address and a non-zero
                 flow label.
ノード
IPv6を実装するデバイス。
ルータ
自身のアドレスを明示的に示されない、IPv6パケットを転送するノード。
ホスト
ルータではない任意のノード。
上位層
IPv6の直接上位のプロトコル層。例えばTCPやUDPといったトランスポートプロトコル、ICMPのような制御プロトコル、OSPFのようなルーティングプロトコル、IPXやAppleTalk、IPv6自身のようなIPv6上でトンネル化される(つまり、カプセル化)インターネット層以下のプロトコル。
リンク
ノードがそのリンク層で通信可能な通信設備又は通信媒体、つまりIPv6の直接下にある層である。例えば、イーサネット(シンプルなもしくはブリッジされた)、PPPリンク、X.25、フレームリレー、ATMネットワーク、IPv4やIPv6自身上でトンネルするようなインターネット層(もしくはより上位層)のトンネル。
インターフェイス
リンクへノードを接続する部分。
アドレス
インターフェイスやインターフェイスの集合のためのIPv6層識別子。
パケット
IPv6ヘッダ及びペイロード。
リンクMTU
最大伝送単位、つまりリンク上で1度に運ぶことができる最大パケットサイズをオクテットで表したもの。
経路
発信元ノードと宛先ノード間でパケットが通るリンクの集合。
経路MTU
発信元ノードと宛先ノード間の経路における全てのリンクに関しての最小リンクMTU。
PMTU
経路MTUの略号。path MTU。
探索
ノードが経路のPMTUを学習するプロセス。
フロー
特定の発信元から、ルータを介すことによって特別な処理を望む発信元のための特定の(ユニキャストもしくはマルチキャスト)宛先へ送信される一連のパケット。
フローID
発信元アドレスとゼロではないフローラベルの組。

広告

Copyright (C) 2006 七鍵 key@do.ai 初版:2006年10月30日 最終更新:2006年10月30日