IPv6用経路MTU探索(旧PMTU情報の格納)

広告

広告

原文

最終更新
2006-10-30T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/rfc/1981/rfc1981_53.html#source

IPv6用経路MTU探索(和訳)

最終更新
2006-10-30T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/rfc/1981/rfc1981_53.html#translation

5.3 旧PMTU情報の追放

   Internetwork topology is dynamic; routes change over time.  While the
   local representation of a path may remain constant, the actual
   path(s) in use may change.  Thus, PMTU information cached by a node
   can become stale.

経路は時間と共に変化し、即ちインターネットワークトポロジは動的である。経路のローカルな表現が一定である間、用いられる実際の経路は変化するかもしれない。従って、ノードにキャッシュされたPMTU情報は古くなることがある。

   If the stale PMTU value is too large, this will be discovered almost
   immediately once a large enough packet is sent on the path.  No such
   mechanism exists for realizing that a stale PMTU value is too small,
   so an implementation should "age" cached values.  When a PMTU value
   has not been decreased for a while (on the order of 10 minutes), the
   PMTU estimate should be set to the MTU of the first-hop link, and the
   packetization layers should be notified of the change.  This will
   cause the complete Path MTU Discovery process to take place again.

旧PMTU値があまりにも大きい場合、一度十分に大きなパケットがその経路に送信されるとほぼ直ちに探索されるだろう。旧PMTU値があまりにも小さいことを得るためのメカニズムは存在せず、よって実装はキャッシュされた値は時代遅れのものとされるべきである。PMTU値がしばらくの間(ほぼ10分)減らされない場合、PMTUの概算は最初のホップリンクのMTUに設定されるべきであり、パケット化層にはその変更が通知されるべきである。これにより、完了した経路MTU探索プロセスに再び探索を行わせることとなる。

      Note: an implementation should provide a means for changing the
      timeout duration, including setting it to "infinity".  For
      example, nodes attached to an FDDI link which is then attached to
      the rest of the Internet via a small MTU serial line are never
      going to discover a new non-local PMTU, so they should not have to
      put up with dropped packets every 10 minutes.

注記:実装は、タイムアウト持続期間を変更するための方法を提供すべきであり、持続期間を無限大と設定することを含む。例えば、小さなMTUシリアルラインを経由してインターネットに接続するFDDIリンクに接続されたノードは、新しいローカルではないPMTUを探索しようとはせず、結果10分ごとに消失するパケットを送信しなければならないことにはならない。

   An upper layer must not retransmit data in response to an increase in
   the PMTU estimate, since this increase never comes in response to an
   indication of a dropped packet.

PMTU概算の増加が消失したパケットを示す応答となることは決してないため、上位層はPMTUの概算の増加への応答データを再送してはならない。

   One approach to implementing PMTU aging is to associate a timestamp
   field with a PMTU value.  This field is initialized to a "reserved"
   value, indicating that the PMTU is equal to the MTU of the first hop
   link.  Whenever the PMTU is decreased in response to a Packet Too Big
   message, the timestamp is set to the current time.

PMTUを時代遅れのものとする実装を実現する1つの方法は、タイムスタンプフィールドとPMTU値を関連させることである。このフィールドは、PMTUが最初のホップリンクのMTUと等しいことを明示するように、予約済みの値に初期化される。パケット過大メッセージの応答によりPMTUが減らされる際はいつでも、タイムスタンプは現在の時間に設定される。

   Once a minute, a timer-driven procedure runs through all cached PMTU
   values, and for each PMTU whose timestamp is not "reserved" and is
   older than the timeout interval:

   - The PMTU estimate is set to the MTU of the first hop link.

   - The timestamp is set to the "reserved" value.

   - Packetization layers using this path are notified of the increase.

一分に一度タイマー処理手続きは、全てのキャッシュされたPMTU値と、タイムスタンプが予約済みでなくタイムアウト間隔が古いそれぞれのPMTUを調べる:

広告

Copyright (C) 2006 七鍵 key@do.ai 初版:2006年10月30日 最終更新:2006年10月30日