IPv6用経路MTU探索(プロトコル概要)

広告

広告

原文

最終更新
2006-10-30T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/rfc/1981/rfc1981_3.html#source

IPv6用経路MTU探索(和訳)

最終更新
2006-10-30T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/rfc/1981/rfc1981_3.html#translation

3. プロトコル概要

   This memo describes a technique to dynamically discover the PMTU of a
   path.  The basic idea is that a source node initially assumes that
   the PMTU of a path is the (known) MTU of the first hop in the path.
   If any of the packets sent on that path are too large to be forwarded
   by some node along the path, that node will discard them and return
   ICMPv6 Packet Too Big messages [ICMPv6].  Upon receipt of such a
   message, the source node reduces its assumed PMTU for the path based
   on the MTU of the constricting hop as reported in the Packet Too Big
   message.

このメモは、経路のPMTUを動的に探索するための技術について記述するものである。基本的な考え方は、まず発信元ノードは経路のPMTUがその経路における最初のホップの(既知の)MTUであると予想する。もしその経路上のあるノードによって転送されるには大きすぎるとされるパケットが送信される場合、そのノードはそれらのパケットを破棄してICMPv6のパケット過大メッセージ[ICMPv6]を返す。そのようなメッセージを受信した場合、発信元ノードはパケット過大メッセージで報告された抑制ホップのMTUに基づいてその経路の想定PMTUを減らす。

   The Path MTU Discovery process ends when the node's estimate of the
   PMTU is less than or equal to the actual PMTU.  Note that several
   iterations of the packet-sent/Packet-Too-Big-message-received cycle
   may occur before the Path MTU Discovery process ends, as there may be
   links with smaller MTUs further along the path.

ノードのPMTUの概算が実際のPMTU以下であれば経路MTU探索プロセスは終了する。ただし、その経路の先で更に小さなMTUをもつリンクがあるかもしれないので、パケット送信とパケット過大メッセージの受信といったそれぞれの相互作用が経路MTU探索プロセスの終了までに繰り返されるかもしれない。

   Alternatively, the node may elect to end the discovery process by
   ceasing to send packets larger than the IPv6 minimum link MTU.

また、ノードはIPv6最小リンクMTUより大きなパケットの送信を中止することによって探索プロセスを終えることもある。

   The PMTU of a path may change over time, due to changes in the
   routing topology.  Reductions of the PMTU are detected by Packet Too
   Big messages.  To detect increases in a path's PMTU, a node
   periodically increases its assumed PMTU.  This will almost always
   result in packets being discarded and Packet Too Big messages being
   generated, because in most cases the PMTU of the path will not have
   changed.  Therefore, attempts to detect increases in a path's PMTU
   should be done infrequently.

経路のPMTUは、ルーティングトポロジの変化に伴い時間と共に変わることがある。PMTUの減少はパケット過大メッセージによって検出される。経路のPMTUの増加を検知するために、ノードは周期的にその想定PMTUを増やす。殆どの場合経路のPMTUは変更されないため、ほぼ常にそのパケットは破棄されパケット過大メッセージが生成される結果となる。従って、経路のPMTUの増加を検出する試みは滅多に行われるべきではない。

   Path MTU Discovery supports multicast as well as unicast
   destinations.  In the case of a multicast destination, copies of a
   packet may traverse many different paths to many different nodes.
   Each path may have a different PMTU, and a single multicast packet
   may result in multiple Packet Too Big messages, each reporting a
   different next-hop MTU.  The minimum PMTU value across the set of
   paths in use determines the size of subsequent packets sent to the
   multicast destination.

経路MTU探索は、ユニキャストの宛先同様にマルチキャストも支援する。マルチキャストを宛先とする場合、パケットの複製は多くの異なるノードへの多くの異なる経路を通過することがある。各経路は異なるPMTUを持ち、単一のマルチキャストパケットは異なるネクストホップMTUの各報告となる複数のパケット過大メッセージを受信するかもしれない。用いる経路の集合における最小のPMTU値は、マルチキャストの宛先へ送信することとなるパケットサイズを決定する。

   Note that Path MTU Discovery must be performed even in cases where a
   node "thinks" a destination is attached to the same link as itself.
   In a situation such as when a neighboring router acts as proxy [ND]
   for some destination, the destination can to appear to be directly
   connected but is in fact more than one hop away.

宛先が自身と同じリンクに接続されているとノードが判断する場合であっても、経路MTU探索は行わなければならないことに注意が必要である。隣接ルータがある宛先のプロキシ[ND]として振舞うような状況では、その宛先を直接接続としてもよいが、実際は1ホップ以上離れている。

広告

Copyright (C) 2006 七鍵 key@do.ai 初版:2006年10月30日 最終更新:2006年10月30日