IPv6用経路MTU探索

広告

広告

原文

最終更新
2006-10-30T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/rfc/1981/rfc1981.html#source

IPv6用経路MTU探索(和訳)

最終更新
2006-10-30T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/rfc/1981/rfc1981.html#translation

当文書の位置付け

   This document specifies an Internet standards track protocol for the
   Internet community, and requests discussion and suggestions for
   improvements.  Please refer to the current edition of the "Internet
   Official Protocol Standards" (STD 1) for the standardization state
   and status of this protocol.  Distribution of this memo is unlimited.

当文書はインターネットコミュニティに役立つであろうインターネット標準プロトコルを提供するものであり、改良のための議論や提案を求めるものである。当プロトコル標準化の状況と現状については"Internet Official Protocol Standards"(STD1)の最新版を参照のこと。尚、当文書の配布に制限は設けていない。

概要

   This document describes Path MTU Discovery for IP version 6.  It is
   largely derived from RFC 1191, which describes Path MTU Discovery for
   IP version 4.

当文書は、IPバージョン6に用いる経路MTU探索について記述するものである。当文書は、IPバージョン4に用いる経路MTU探索について触れたRFC1191に大部分が由来する。

目次

省略。原文を参照。

1. 序論

   When one IPv6 node has a large amount of data to send to another
   node, the data is transmitted in a series of IPv6 packets.  It is
   usually preferable that these packets be of the largest size that can
   successfully traverse the path from the source node to the
   destination node.  This packet size is referred to as the Path MTU
   (PMTU), and it is equal to the minimum link MTU of all the links in a
   path.  IPv6 defines a standard mechanism for a node to discover the
   PMTU of an arbitrary path.

あるIPv6ノードが他のノードへと容量の大きなデータを送信する際、データは連続したIPv6パケットとして伝送される。これらのパケットが、発信元ノードから宛先ノードへ問題なく伝送されることができる最大のサイズからなることが多くの場合望ましい。このパケットサイズはPMTU(経路MTU)として参照され、経路における全てのリンクの最小リンクMTUと等しい。IPv6は、任意の経路におけるPMTUを探索するノードのための標準メカニズムを定義する。

   IPv6 nodes SHOULD implement Path MTU Discovery in order to discover
   and take advantage of paths with PMTU greater than the IPv6 minimum
   link MTU [IPv6-SPEC].  A minimal IPv6 implementation (e.g., in a boot
   ROM) may choose to omit implementation of Path MTU Discovery.

IPv6ノードは、IPv6最小リンクMTU[IPv6-SPEC]より大きなPMTUとなる経路を探索し利用するために、経路MTU探索を実装すべきである(SHOULD)。最小のIPv6実装(例えばブートROM)は、経路MTU探索の実装を省くことを選択するかもしれない。

   Nodes not implementing Path MTU Discovery use the IPv6 minimum link
   MTU defined in [IPv6-SPEC] as the maximum packet size.  In most
   cases, this will result in the use of smaller packets than necessary,
   because most paths have a PMTU greater than the IPv6 minimum link
   MTU.  A node sending packets much smaller than the Path MTU allows is
   wasting network resources and probably getting suboptimal throughput.

経路MTU探索を実装しないノードは、最大パケットサイズとして[IPv6-SPEC]で定義されたIPv6最小リンクMTUを用いる。大抵の経路はIPv6最小リンクMTUより大きなPMTUであるため、殆どの場合これは必要なサイズよりも小さなパケットを用いる結果となるだろう。経路MTUが認めるよりとても小さなパケットを送信するノードは、ネットワークリソースを浪費し、おそらく最低以下のスループットを得ることとなる。

広告

Copyright (C) 2006 七鍵 key@do.ai 初版:2006年10月30日 最終更新:2006年10月30日