IPv6の仕様(優先権)

広告

広告

原文

最終更新
2006-10-10T00:12:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/rfc/1883/rfc1883_7.html#source

IPv6の仕様(和訳)

最終更新
2006-10-13T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/rfc/1883/rfc1883_7.html#translation

7. 優先権

   The 4-bit Priority field in the IPv6 header enables a source to
   identify the desired delivery priority of its packets, relative to
   other packets from the same source.  The Priority values are divided
   into two ranges:  Values 0 through 7 are used to specify the priority
   of traffic for which the source is providing congestion control,
   i.e., traffic that "backs off" in response to congestion, such as TCP
   traffic.  Values 8 through 15 are used to specify the priority of
   traffic that does not back off in response to congestion, e.g.,
   "real-time" packets being sent at a constant rate.

IPv6ヘッダ内の4bitからなる優先権フィールドは、同じ発信元からの他のパケットと比較してそのパケットの希望する伝送優先権を発信元が判断するためのフィールドである。優先順位は2つの範囲に属する値からなる。0から7までの値は、TCPトラフィックのように発信元が輻輳制御を提供するトラフィック、つまり輻輳に応じて取り消されるトラフィックの優先権を規定するために用いられる。8から15までの値は、輻輳に応じて取り消されないトラフィック、例えば一定レートで送られるリアルタイムなパケットの優先権を規定するために用いられる。

   For congestion-controlled traffic, the following Priority values are
   recommended for particular application categories:

         0 - uncharacterized traffic
         1 - "filler" traffic (e.g., netnews)
         2 - unattended data transfer (e.g., email)
         3 - (reserved)
         4 - attended bulk transfer (e.g., FTP, NFS)
         5 - (reserved)
         6 - interactive traffic (e.g., telnet, X)
         7 - internet control traffic (e.g., routing protocols, SNMP)

輻輳により制御されるトラフィックのため、以下の優先順位値は特定アプリケーションの分類に勧められる:

   For non-congestion-controlled traffic, the lowest Priority value (8)
   should be used for those packets that the sender is most willing to
   have discarded under conditions of congestion (e.g., high-fidelity
   video traffic), and the highest value (15) should be used for those
   packets that the sender is least willing to have discarded (e.g.,
   low-fidelity audio traffic).  There is no relative ordering implied
   between the congestion-controlled priorities and the non-congestion-
   controlled priorities.

輻輳制御されていないトラフィックのために、最も低い優先度値である"8"は輻輳条件のもとで最も破棄されてもよいと送信者が判断するパケット(例えばハイファイビデオトラフィック)のために用いられるべきであり、最も高い値である"15"は最も破棄されることを望まないと送信者が判断するパケット(例えば低い精度の音声トラフィック)のために用いられるべきである。輻輳制御された優先権と輻輳制御されていない優先権の間に相対的な要求は特にない。

広告

Copyright (C) 2006 七鍵 key@do.ai 初版:2006年10月10日 最終更新:2006年10月13日