IPv6の仕様(ネクストヘッダがない場合)

広告

広告

原文

最終更新
2006-10-10T00:12:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/rfc/1883/rfc1883_47.html#source

IPv6の仕様(和訳)

最終更新
2006-10-12T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/rfc/1883/rfc1883_47.html#translation

4.7 ネクストヘッダがない場合

   The value 59 in the Next Header field of an IPv6 header or any
   extension header indicates that there is nothing following that
   header.  If the Payload Length field of the IPv6 header indicates the
   presence of octets past the end of a header whose Next Header field
   contains 59, those octets must be ignored, and passed on unchanged if
   the packet is forwarded.

IPv6ヘッダもしくは他の拡張ヘッダのネクストヘッダフィールドの値が"59"であれば、その後にヘッダが続かないことを示す。IPv6ヘッダのペイロード長フィールドが、ネクストヘッダフィールド値"59"をもつヘッダの終りを越えたオクテットを示すのであれば、そのオクテットは無視されなければならず、そのパケットが転送されるのであれば変更なしに転送されなければならない。

広告

Copyright (C) 2006 七鍵 key@do.ai 初版:2006年10月10日 最終更新:2006年10月12日