チリ

広告

広告

チリの基本情報

最終更新
2007-04-08T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/s_america/chl.html#basic
国・地域名(ISO 3166-1による英語名)
チリ共和国【Chile】。公式の英語表記は、Republic of Chile。
首都
サンティアゴ【Santiago】
国旗
チリの国旗
人種
スペイン系75%、その他のヨーロッパ系20%、先住民系5%
言語
スペイン語(公用語)
宗教
カトリック88%、プロテスタント11%
通貨
チリ・ペソ:Chilean Peso(CLP)
3文字国名コード/2文字国名コード/数字国名コード
CHL/CL/152
人口/面積
15,823,957/756,950平方キロメートル(日本の約2倍)
国歌/国花/国鳥
チリ国歌/ツバキカズラ/コンドル(コンドル科)
漢字による表記
智利/智里/知里
時間帯
UTC -4(DST: -3)
ccTLD
.CL
国際電話番号
56

チリのその他情報

最終更新
2007-04-08T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/s_america/chl.html#other

チリの地形

チリの場所

南アメリカにあり、東西100〜350km、南北4270kmの細長い国土を持つ。アルゼンチンボリビアペルーと隣接、太平洋に面している。国境線は5000m級のアンデスの尾根。北部はアタカマ砂漠など荒涼とした地形が多く、南緯40度以南はパタゴニアと呼ばれ、沿海部は無数の島々や湖沼など典型的なフィヨルド地形が形成されている。火山帯に属しているため地震が多発する。イースター島(ラパ・ヌイ島)やファン・フェルナンデス諸島、サン・フェリクス島、サン・アンブロシオ島、サラ・イ・ゴメス島なども領有する。

チリの気候

南北に大変長細い国土のため、気候は地域によって多様。イースター島は亜熱帯、国土の北3分の1を占め世界で最も乾燥した砂漠とされるアタカマ砂漠、中央部の肥沃な渓谷地域、そして元々は森林に覆われていた、湿度は高いが寒い南部、ツンドラ気候が広がる最南部に大別される。渓谷地域は夏季に高温乾燥、冬季に温暖湿潤な地中海性気候に似、南部は冷涼で降雨が多く西岸海洋性気候に似る。最南部は年中天候が不順で強風が吹き荒れる。

チリの経済

チリ北部の主要産業は鉱業。チリは金属鉱物資源に恵まれ、2003年時点で銅の採掘量は世界一、世界シェアの36.0%を算出する。銀は世界第6位、シェア6.7%。金の世界シェアは1.5%。このほか、亜鉛、鉄、鉛を産出する。金属以外の無機鉱物資源では、イオウ、塩、カリ塩、リン鉱石が有望であり、リン鉱石以外は世界シェア1%を上回る。また、大規模な農業、酪農も行われるが、農業に適した土地は少く全体の総生産に占める比率は1割に満たない。中央平原で小麦、テンサイ、ブドウ、ジャガイモなどが栽培され、南部で牧羊がおこなわれる。ワイン、果物、羊毛が輸出される。ほかに南部の木材とアンチョビ漁による魚粉も重要な輸出品。バルパライソといった主要港のある中央部にはサービス業と工業が集中している。チリのサービス業部門は大きく、世界で最も自由化され先端を行く通信インフラが整っているとされる。南部の森林地帯の荒々しい美しさや、北部のアタカマ砂漠の広漠とした風景、5月から9月にかけてのアンデス山脈のスキーシーズンなど観光業も盛んである。経済はほとんど輸出により成り立つ。1970年代初頭は輸出品の70%を銅が占めていたが、2006年時点では40%とその重要度は低下している。最近では、各地で産出される良質なワイン、サーモン、木材パルプの輸出が始められた。また、ラテン・アメリカで最も工業化された国の1つである。

主要貿易品目

輸出は銅、加工食品、木材・チップ、果物、魚粉・水産物。輸入は中間財、資本財、消費財。

主要貿易相手国

輸出はアメリカ日本中国オランダ韓国。輸入はアルゼンチン、アメリカ、ブラジル、中国、アンゴラドイツ

チリの歴史

チリの文化

広告

当ページ作成にあたり、参考にさせてもらったリソース

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年03月05日 最終更新:2007年09月08日