ツバキ

広告

広告

最終更新
2008-07-21T13:56:59+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/vegetation/menu_t/camellia.html#menu

ツバキの情報

ツバキ

ツバキ(2)覆輪ワビスケ

最終更新
2008-07-21T14:57:32+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/vegetation/menu_t/camellia.html#what

ツバキとは、ツバキ科ツバキ属の植物の総称だが、狭義には種としてのヤブツバキを指す場合が多いため、当ページも特に断らない限りはそれにならう。

一般名ツバキ
学名Camellia japonica
科名と属名、園芸分類ツバキ科ツバキ属の常緑中低木
英語名camellia
別名カメリア、ヤブツバキ(藪椿)
花の情報紅色五弁のものが普通とされるが、白・桃・紅に白斑入り・紅白のぼかし・覆輪・咲き分けなどもある。
開花時期12〜3月
原産地日本、支那
適温寒さには強いが-10℃くらいまで
草丈6〜8m
花径3〜10cm

その他外観に関すること

知識

ツバキとサザンカの比較

サザンカツバキ
科属名ツバキ科ツバキ属ツバキ科ツバキ属
花期10〜12月12〜翌4月
花径5〜7cm3〜10cm
花の特徴花弁が基部で合着していない葯や花弁が基部で合着
花の散り方花弁が一枚ごとに散る萼の部分から丸ごと落ちる
雄しべ筒状にならない筒状になる
葉長3〜7cm5〜12cm
葉形楕円形で先が尖る細長め
葉縁鋸歯全縁
葉柄と中肋表面に毛がある表面に毛がない
表面に毛がある表面に毛がない
芳香

上記比較表は一般的に言われていることであり、例外も多々あるため注意が必要。

ツバキの系統

ユキツバキ

日本海側の豪雪地帯で作出された品種群。原種のユキツバキが元になっている。寒さにはよく耐えるが、冬に乾燥する太平洋側では育ちにくい。

京ツバキ

主に一重咲き。

江戸ツバキ

一重から千重咲きまでさまざまな花形。

侘助ツパキ

子房に毛が生えているのが大きな特徴。花形は一重から半八重咲き、花の大きさは極小輪から小輪まで。

侘助

複数の小輪多花性ツバキの総称。「太郎冠者(たろうかじゃ)」との品種から派生したもの。

洋種ツバキ

欧米で作られた品種群の総称。アメリカで作出された品種が主流。千重咲きが多い。

亜熱帯系ツバキ

葉が大きく、やや寒さに弱い。

花言葉

1月14日2月4日9月19日12月21日

ツバキ(赤)の花言葉

1月20日2月3日2月14日12月10日

ツバキ(白)の花言葉

1月4日1月25日2月5日2月14日4月29日11月11日12月10日12月21日

ツバキ(ピンク)の花言葉

1月12日

ヤブツバキの花言葉

1月9日12月27日

ナツツバキの花言葉

6月22日7月15日

ワビスケの花言葉

11月30日

ワビスケ(ピンク)の花言葉

2月27日

広告

Copyright (C) 2008 七鍵 key@do.ai 初版:2008年07月21日 最終更新:2008年07月21日