IPv6用RIPng(タイマ)

広告

広告

原文

最終更新
2006-11-01T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/rfc/2080/rfc2080_23.html#source

IPv6用RIPng(和訳)

最終更新
2006-11-01T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/rfc/2080/rfc2080_23.html#translation

2.3 タイマ

   This section describes all events that are triggered by timers.

この章は、タイマによって引き起こされる全てのイベントについて触れる。

   Every 30 seconds, the RIPng process is awakened to send an
   unsolicited Response message, containing the complete routing table
   (see section 2.6 on Split Horizon), to every neighboring router.
   When there are many routers on a single network, there is a tendency
   for them to synchronize with each other such that they all issue
   updates at the same time.  This can happen whenever the 30 second
   timer is affected by the processing load on the system.  It is
   undesirable for the update messages to become synchronized, since it
   can lead to unnecessary collisions on broadcast networks (see [13]
   for more details).  Therefore, implementations are required to take
   one of two precautions:

   - The 30-second updates are triggered by a clock whose rate is not
     affected by system load or the time required to service the
     previous update timer.

   - The 30-second timer is offset by a small random time (+/- 0 to 15
     seconds) each time it is set.  The offset is derived from: 0.5 *
     the update period (i.e. 30).

30秒間隔で、RIPngプロセスは全ての隣接ルータに完全なルーティングテーブル(2.6 スプリットホライズンを参照)を含む自律応答メッセージを送信するために立ち上げられる。1つのネットワークに複数のルータがある場合、同時に全てのアップデートがなされるよう同期がなされる傾向にある。これは、30秒のタイマがシステムのプロセス負荷の影響を受けるときに生じる。アップデートメッセージの同期は、ブロードキャストネットワーク上で不必要な衝突の原因となるため望ましくない(詳細は[13]を参照)。従って、実装は次の2つの内の1つを要求される:

   There are two timers associated with each route, a "timeout" and a
   "garbage-collection time."  Upon expiration of the timeout, the route
   is no longer valid; however, it is retained in the routing table for
   a short time so that neighbors can be notified that the route has
   been dropped.  Upon expiration of the garbage-collection timer, the
   route is finally removed from the routing table.

各経路に関連する、"タイムアウト"及び"カーベージコレクション"と呼ばれる2つのタイマがある。タイムアウトが満了するとその経路はもう利用できない。しかし、隣接ノードに経路が利用できないことを知らせるために短時間ルーティングテーブルに残される。ガーベージコレクションタイマが満了した際は、経路がルーティングテーブルから取り除かれる。

   The timeout is initialized when a route is established, and any time
   an update message is received for the route.  If 180 seconds elapse
   from the last time the timeout was initialized, the route is
   considered to have expired, and the deletion process described below
   begins for that route.

タイムアウトは、経路が利用可能となった際と経路のアップデートメッセージを受信した際に初期化される。タイムアウトが初期化されてから180秒が経過したとすると、その経路は利用不可であるものとみなされ、以下で示す削除プロセスがその経路になされる。

   Deletions can occur for one of two reasons: the timeout expires, or
   the metric is set to 16 because of an update received from the
   current router (see section 2.4.2 for a discussion of processing
   updates from other routers).  In either case, the following events
   happen:

   - The garbage-collection timer is set for 120 seconds.

   - The metric for the route is set to 16 (infinity).  This causes the
     route to be removed from service.

   - The route change flag is to indicate that this entry has been
     changed.

   - The output process is signalled to trigger a response.

削除は2つの理由で発生する。タイムアウトが満了するか、現在のルータから受信したアップデートの距離が16に設定されているときである(2.4.2 応答メッセージの他のルータからのアップデートプロセスを参照)。いずれの場合であっても以下のイベントが発生する:

   Until the garbage-collection timer expires, the route is included in
   all updates sent by this router.  When the garbage-collection timer
   expires, the route is deleted from the routing table.

ガーベージコレクションタイマが満了となるまで、経路はこのルータによって送られる全てのアップデートに含まれる。ガーベージコレクションタイマが満了となると、経路はルーティングテーブルから削除される。

   Should a new route to this network be established while the garbage-
   collection timer is running, the new route will replace the one that
   is about to be deleted.  In this case the garbage-collection timer
   must be cleared.

このネットワークへの新しい経路がガーベージコレクションタイマの動作中に利用可能となった場合、新しい経路が削除されようとしている経路に置き換わるだろう。この場合、ガーベージコレクションタイマはクリアされなければならない。

   Triggered updates also use a small timer; however, this is best
   described in section 2.5.1.

トリガアップデートも小さなタイマを用いる。しかし、これは2.5.1 トリガアップデートに詳しく記載する。

広告

Copyright (C) 2006 七鍵 key@do.ai 初版:2006年11月01日 最終更新:2006年11月01日