ネパール

広告

広告

ネパールの基本情報

最終更新
2007-04-10T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/s_asia/npl.html#basic
国・地域名(ISO 3166-1による英語名)
ネパール王国【Nepal】。公式の英語表記は、Kingdom of Nepal。
首都
カトマンズ【Kathmandu】
国旗
ネパールの国旗
人種
リンブー、ライ、タマン、ネワール、グルン、マガル、タカリー等
言語
ネパール語(公用語)
宗教
ヒンドゥー教(国教)
通貨
ネパール・ルピー:Nepalese Rupee(NPR)
3文字国名コード/2文字国名コード/数字国名コード
NPL/NP/524
人口/面積
27,070,666/140,800平方キロメートル北海道の約1.8倍)
国歌/国花/国鳥
栄光は勇敢なるあなたに/シャクナゲ/ニジキジ(キジ科)
漢字による表記
尼泊爾/涅巴爾
時間帯
UTC (+5:45)(DST: なし)
ccTLD
.NP
国際電話番号
977

ネパールのその他情報

最終更新
2007-04-10T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/s_asia/npl.html#other

ネパールの地形

ネパールの場所

南アジア、ヒマラヤ山脈の南側のふもとに位置する内陸国。インド中国に国境を接する。東のブータンとはインドのシッキム州によって隔てられている。国土の83%は山岳か丘陵地で、標高5000m以上の北部山岳地帯、600〜5000mのカトマンズ盆地を中心とする中部、300m以下でインドのヒンドスタン平原に続く南部に大別される。北部にはエベレスト、カンチェンジュンガをはじめとする6000m以上の高峰が240ある。

ネパールの気候

気温は標高によって大きく変化し、山岳部は高山気候、平地は温帯気候で、南部の低地には高温多雨気候も見られる。南西モンスーンの影響が強く、5〜9月は雨が多い。11〜1月はほとんど雨が降らず乾燥する。

ネパールの経済

労働人口の80%は農民。主に南部の低地で自給用に米、麦、野菜、商品作物では米、ジュートが栽培されている。農地が狭く大地主による小作農制であるため生産性は低い。山地では山羊の放牧も行われている。工業は国内向けの軽工業と食品加工程度。家庭用のエネルギーを薪に依存しているため、森林破壊が深刻。ヒマラヤへの登山客や、仏教、ヒンズー教、ラマ教寺院への巡礼者が多く、観光収入は貴重な外貨収入源。

主要貿易品目

輸出は既製服、カーペット、銀器、宝石類、パシュミナ。輸入は石油製品、糸、化学肥料、輸送用機械等。

主要貿易相手国

輸出はインドアメリカドイツ。輸入はインド、シンガポールスイス

ネパールの歴史

ネパールの文化

広告

当ページ作成にあたり、参考にさせてもらったリソース

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年03月05日 最終更新:2007年04月10日