キルギスタン

広告

広告

キルギスタンの基本情報

最終更新
2007-03-21T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/c_asia/kgz.html#basic
国・地域名(ISO 3166-1による英語名)
キルギス共和国【Kyrgyzstan】。公式の英語表記は、Kyrgyz Republic。
首都
ビシュケク【Bishkek】(旧名フルンゼ)
国旗
キルギスタンの国旗
人種
キルギス人(64.9%)、ウズベク人(13.8%)、ロシア人(12%)(2005年:CIS統計委員会)
言語
キルギス語(公用語)、ロシア語も広く通用。
宗教
キルギス人の間ではイスラム教スンニ派が優勢
通貨
ソム:Kyrgyzstani Som(KGS)
3文字国名コード/2文字国名コード/数字国名コード
KGZ/KG/417
人口/面積
5,081,429/198,500平方キロメートル(日本の約半分)
国歌/国花/国鳥
キルギス共和国国歌/-/-
漢字による表記
黠戞斯
時間帯
UTC (+5)(DST: (+6))
ccTLD
.KG
国際電話番号
996

キルギスタンのその他情報

最終更新
2007-03-21T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/c_asia/kgz.html#other

キルギスタンの地形

キルギスタンの場所

中央アジアにある旧ソビエト連邦の共和国。北から時計回りにカザフスタン中国タジキスタンウズベキスタンと国境を接する。国土全体の40%が標高3000mを超える山岳国家で、国土は東西に長く、東部の中国との国境には天山山脈が延びる。南に位置するタジキスタンに向かってパミール高原が広がる。国土の中央など東西に山脈が走り、国土を数多くの峡谷に分断している。最高峰は、中国国境にそびえるポベティ山(Pobeda、Jengish、勝利峰:7439m)。主な河川は、シルダリア川支流のナルイン川。主な湖は国内北東部に位置するイシク湖(Isik-Kol)。

キルギスタンの気候

全体としては大陸性の乾燥した気候。隣国のカザフスタンや中国とは異なり国内に砂漠はなく、比較的気候に恵まれる。人の居住に適した東西に伸びる渓谷部分はケッペンの気候区分では、夏季に雨が少ない温帯の地中海性気候。山地は亜寒帯湿潤気候、特に高地は高山気候となる。首都ビシュケクの平均気温は、1月に-3℃、7月に25℃。

キルギスタンの経済

農業および牧畜、鉱業が主。農業は主として綿花、タバコの生産。穀物の自給率は低い。鉱業は金、水銀、アンチモンなど。1997年に採掘がはじまったクムトール鉱山は、世界屈指の金鉱山とされる。ソ連から独立後は、観光産業に早くから注力を行う。

主要貿易品目

輸出は綿繊維、食料品、金。輸入は化学製品、金属及び同製品、機械設備、食料品。

2005年:CIA THE WORLD FACTBOOK

主要貿易相手国

輸出はアラブ首連ロシアスイス。輸入はロシア、カザフスタンドイツ

2004年:キルギス統計委員会

キルギスタンの歴史

キルギスタンの文化

広告

当ページ作成にあたり、参考にさせてもらったリソース

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年03月05日 最終更新:2007年03月21日