ルーティング面でのIPv6移行(安全性への配慮他)

広告

広告

原文

最終更新
2006-11-09T05:13:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/rfc/2185/rfc2185_4.html#source

ルーティング面でのIPv6移行(和訳)

最終更新
2006-11-09T06:21:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/rfc/2185/rfc2185_4.html#translation

4. 安全性への配慮

   Use of tunneling may violate firewalls of underlying routing
   infrastructure.

   No other security issues are discussed in this paper.

トンネリングの利用は、ルーティングの下部構造の基となるファイアウォールを破る恐れがある。

他の安全性についての問題は当論文で触れない。

5. 参考文献

   [1] Gilligan, B. and E. Nordmark. Transition Mechanisms for IPv6
       Hosts and Routers, Sun Microsystems, RFC 1933,  April 1996.

6. 著者の連絡先

   Ross Callon
   Cascade Communications Co.
   5 Carlisle Road
   Westford, MA 01886
   email: rcallon@casc.com

   Dimitry Haskin
   Bay Networks, Inc.
   2 Federal Street
   Billerica, MA 01821
   email: dhaskin@baynetworks.com

広告

Copyright (C) 2006 七鍵 key@do.ai 初版:2006年11月09日 最終更新:2006年11月09日