シュウメイギク

広告

広告

最終更新
2007-05-18T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/vegetation/menu_s/japanese_anemone.html#menu

シュウメイギクの情報

最終更新
2007-05-18T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/vegetation/menu_s/japanese_anemone.html#what
一般名シュウメイギク(秋明菊)
学名Anemone hupehensis var. japonica
科名と属名、園芸分類キンポウゲ科イチリンソウ属(アネモネ属)の多年草(耐寒性)。
英語名japanese anemone
別名キブネギク(貴船菊)、シュウボタン(秋牡丹)
花の情報茎頂から数本の花柄を長く伸ばして花を1つずつつける。花は一重咲きから八重咲きまであり、花色は紅紫、ピンク、白など。一重の花は花弁ではなく萼で、八重の花は萼と雄しべが弁化したもの。萼片は6〜8枚、おしべとめしべは多数あり、数はどれも定まっていない。ガクが散った後に残る花の中央部緑色の丸いのが雌蕊群。その周りを黄色のリングのように多数の雄しべが生えている。
開花時期9〜11月
原産地中国、ヒマラヤ
適温耐寒温度-10℃
草丈60〜120cm、広がり:30〜50cm
花径5〜7cm

その他外観に関すること

知識

花言葉

9月5日9月26日9月30日10月8日10月9日10月10日10月12日10月15日

シュウメイギク(淡紫)の花言葉

9月14日

広告

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年05月18日 最終更新:2007年05月18日