第61番札所 栴檀山香園寺

広告

広告

栴檀山香園寺 - 四国霊場八十八箇所資料集での納経帳への朱印

栴檀山香園寺の基本情報

最終更新
2007-05-21T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/shikoku88/s61_kouonzi.html#basic
正式名称と通称
栴檀山教王院 香園寺(せんだんさん こうおんじ)/通称:小松の子安さん
本尊と宗派、開基
大日如来 / 真言系単立 / 聖徳太子
真言
オン アビラウンケン バザラダトバン
御姿
栴檀山香園寺 - 四国霊場八十八箇所資料集の御姿 本尊のカラーイメージ
御詠歌
唱え奉る 四国霊場 第61番 栴檀山 香園寺 の御詠歌に
後の世を思えばまいれ香園寺 止めて止まらぬ白滝の水(のちのよを おもえばまいれ こうおんじ とめてとまらぬ しらたきのみず)
所在地と電話番号
〒799-1102:愛媛県西条市小松町南川甲19(0898-72-3861)
前札所と次札所
前札所:第60番札所 横峰寺(9.3km)/次札所:第62番札所 宝寿寺(1.5km)
交通と駐車場
徒歩:横峰寺→香園寺奥ノ院白滝不動→香園寺
構峰寺から徒歩(3.5km)、せとうちバス小松営業所行:石鎚農協→小松営業所(40分)、せとうちバス湯谷口・庄内経由三芳駅行:小松営業所→大師入口(2分)、下車後徒歩(500m)
JR予讃線伊予小松駅下車。徒歩15分。
駐車場:無料(80台:境内まですぐ)
宿泊
宿坊500人(3800円)、要予約

栴檀山香園寺のその他情報

最終更新
2007-05-21T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/shikoku88/s61_kouonzi.html#other

歴史と謂れ

用明天皇(聖徳太子の父)の病気平癒を祈願して聖徳太子が建立したとされる。その時太子の前に現れた金衣白髪の翁が、本尊の大日如来を安置したと伝えられる。天平年間には行基が来錫、大同年間には弘法大師が来錫して霊場に定めた。巡錫中の大師が門前で難産に苦む婦人を見つけ、唐から持ち帰った大日如来像を本尊の胸の中に納めて栴檀の香を焚き、護摩修法を行ったところ、婦人は無事に出産でき、これが栴檀山の山号の由来とされる。一時は七堂伽藍六坊を備えていたが、長宗我部元親による天正の兵火で堂宇を焼失。大正2年(1913年)に再建された。

堂塔

山麓の一万坪の境内には、昭和51年建立の大聖堂(本堂、大師堂)、500名収容の宿坊、庫裡などが建ち並んでいる。

大聖堂

大聖堂

昭和51年に建立され、中に入ると柱は無く600余りの固定席がある。

子安大師

御姿

その他

行事

-

その他の情報

広告

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年05月21日 最終更新:2007年05月21日