第56番札所 金輪山泰山寺

広告

広告

金輪山泰山寺 - 四国霊場八十八箇所資料集での納経帳への朱印

金輪山泰山寺の基本情報

最終更新
2007-05-21T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/shikoku88/s56_taisanzi.html#basic
正式名称と通称
金輪山勅王院 泰山寺(きんりんさん たいさんじ)/通称:-
本尊と宗派、開基
地蔵菩薩 / 真言宗醍醐派 / 弘法大師
真言
 ノウビイブウ ソワカ
御姿
金輪山泰山寺 - 四国霊場八十八箇所資料集の御姿 本尊のカラーイメージ
御詠歌
唱え奉る 四国霊場 第56番 金輪山 泰山寺 の御詠歌に
みな人のまいりてやがて泰山寺 来世の引導たのみおきつつ(みなひとの まいりてやがて たいざんじ らいせのいんどう たのみおきつつ)
所在地と電話番号
〒794-0081:愛媛県今治市小泉1-9-18(0898-22-5959)
前札所と次札所
前札所:第55番札所 南光坊(3.0km)/次札所:第57番札所 栄福寺(3.0km)
交通と駐車場
徒歩:南光坊→今治西高→泰山寺
南光坊から徒歩5分、せとうちバス鈍川温泉・神子森本地ロ・葛谷・新谷土居行:高島屋前→小泉(12分)、下車後徒歩(600m)
JR予讃線今治駅下車。鈍川方面神子森行きバス8分(小泉下車)。徒歩10分。
駐車場:無料(50台:境内まで徒歩1分)
宿泊
宿坊80人(3800円)

金輪山泰山寺のその他情報

最終更新
2007-05-21T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/shikoku88/s56_taisanzi.html#other

歴史と謂れ

弘仁6年(815年)、弘法大師がこの地を巡錫しているとき、梅雨のため蒼社川が氾濫していた。伊之子山付近に源を発する蒼社川は、玉川村から今治市の東南を抜けて燧灘へ流れ込んでいる。この川は毎年のように氾濫し、地元の人々から「人取川」と呼ばれ、氾濫は悪霊の祟りと恐れられていた。大師は村人達と共に川原に壇を築き、土砂加持の秘法を七座厳修した。その満願の日に延命地蔵が空中に現われ、大師が示現した地蔵尊を刻み本尊として一寺を建立し安置した。寺号は延命地蔵十大願の第一「女人泰産」からとり、泰山寺と名付けられた。山号の金輪山は裏手の山の名前で、当初はこの山の山頂に建てられていたとされる。天長元年(824年)、淳和天皇の勅願所として七堂伽藍も建立され、塔中十坊を有する大寺となった。しかし度重なる兵火で寺運は衰退。その後、現在の場所へと移された。

堂塔

鐘楼

鐘楼は、明治14年(1881年)に、今治城内にあった太鼓楼の古材で建てられたといわれる。

その他

行事

-

その他の情報

広告

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年05月21日 最終更新:2007年05月21日