ナミビア

広告

広告

ナミビアの基本情報

最終更新
2007-04-09T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/s_africa/nam.html#basic
国・地域名(ISO 3166-1による英語名)
ナミビア【Namibia】。公式の英語表記は、。
首都
ウィントフック【Windhoek】
国旗
ナミビアの国旗
人種
オバンボ族、カバンゴ族、ダマラ族、ヘレロ族、白人他
言語
英語(公用語)、アフリカーンス、独語、その他部族語
宗教
キリスト教(過半数がルター派)、伝統宗教10〜20%
通貨
ナミビア・ドル:Namibian Dollar(NAD)
3文字国名コード/2文字国名コード/数字国名コード
NAM/NA/516
人口/面積
1,954,033/825,418平方キロメートル(日本の2.2倍)
国歌/国花/国鳥
勇ましき土地、ナミビア/-/ハジロアカハラヤブモズ(ヤブモズ科)
漢字による表記
納米比亜
時間帯
UTC +1(DST: なし)
ccTLD
.NA
国際電話番号
264

ナミビアのその他情報

最終更新
2007-04-09T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/s_africa/nam.html#other

ナミビアの地形

ナミビアの場所

アフリカ南西部に位置し、北はアンゴラ、北東はザンビア、東はボツワナ、南は南アフリカ共和国と国境を接し、大西洋に面する。国土の大半は砂漠と高原で、海岸線沿いには世界で最も古いといわれる幅100kmのナミブ砂漠が広がり、その東側は海抜1000〜2000mのナミブ高原が広がる。また、天然の良港ウォルビスベイがある。東南部にはカラハリ砂漠があり、北部国境にクネネ川、南部国境にオレンジ川が流れる。北部にはアフリカ最大の塩湖であるエトーシャ塩湖、北東部には長さ450kmのカプリビ回廊がある。

ナミビアの気候

極端な乾燥気候で寒暑の差が激しい。特に沿岸部の乾燥が著しく、北東部の内陸へ進むとやや降水量が増え、アンゴラ国境付近ではステップ気候もみられる。年間降雨量は120mm以下。

ナミビアの経済

牧畜や、自給的な農業が行われる。経済の柱は鉱物資源の輸出で、ダイヤモンド、亜鉛、ウラン、銅、金などが豊富。しかしこれらの採掘は南アフリカなど外国資本に握られており、経済的には南アフリカへの依存度が高い。イワシなどの漁業も行われている。狩猟採集生活を続けている部族もある。

主要貿易品目

輸出はダイヤモンド、工業製品、食料品・家畜、その他鉱物。輸入は自動車製品、精製石油、化学品、機械製品、食料品。

2004年

主要貿易相手国

輸出はイギリス44%、南アフリカ21%、スペイン18%、日本3%、アメリカ2%。輸入は南アフリカ82%、アメリカ4%、ドイツ4%、中国3%、イギリス1%。

2003年

ナミビアの歴史

ナミビアの文化

広告

当ページ作成にあたり、参考にさせてもらったリソース

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年03月05日 最終更新:2007年04月09日