ミクロネシア連邦

広告

広告

ミクロネシア連邦の基本情報

最終更新
2007-04-18T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/oceania/fsm.html#basic
国・地域名(ISO 3166-1による英語名)
ミクロネシア連邦【Micronesia, Federated States of】。公式の英語表記は、Federated States of Micronesia。
首都
パリキール【Palikir】(ポンペイ島)
国旗
ミクロネシア連邦の国旗
人種
ミクロネシア系、ポリネシア系
言語
英語(公用語)、原地の8言語(チューク語、ヤップ語、コスラエ語、ポンペイ語、ウリシ語、ウォレアイ語、カピンガラマンギ語、ヌクオロ語)
宗教
キリスト教(プロテスタント及びカトリック)
通貨
アメリカ・ドル:US Dollar(USD)
3文字国名コード/2文字国名コード/数字国名コード
FSM/FM/583
人口/面積
108,155/702平方キロメートル(奄美大島とほぼ同じ)
国歌/国花/国鳥
ミクロネシアの愛国者/-/-
漢字による表記
密克羅尼西亜連邦
時間帯
UTC (+10)(DST: なし)
ccTLD
.FM
国際電話番号
691

ミクロネシア連邦のその他情報

最終更新
2007-04-18T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/oceania/fsm.html#other

ミクロネシア連邦の地形

ミクロネシア連邦の場所

太平洋中西部ミクロネシア地域に位置し、カロリン諸島を中心とした607の島からなる。マリアナ諸島の南東、パラオの東、マーシャル諸島の西、パプアニューギニアの北東にある。東経130〜172度、北緯0〜22度に広がり、海域の面積としては780万平方キロに達する。ポナペ、コスラエ、チューク、ヤップの4島をはじめ大半の島が火山性母岩のサンゴ礁。ミクロネシア連邦は、ヤップ州【Yap】、チューク州【Chuuk】、ポンペイ州【Pohnpei】、コスラエ州【Kosrae】の4つの州からなり、国旗の4つの白い星はこれらの州を表している。

ミクロネシア連邦の気候

熱帯海洋性気候で年中高温多雨。気温・降水量ともに日較差と年較差が極めて小さい。11〜4月は乾燥した北東の風、5〜10月は湿った南西の風が吹き雨が多い。年間降水量は3000〜5000mmに達する。

ミクロネシア連邦の経済

農業は自給用作物として、キャッサバ、米、サトウキビ、野菜、ココヤシなどを栽培するが自給率は低い。漁業は地元では主に沿岸漁業を営んでいるが、広大な排他的経済水域を利用して外国の漁船団から入漁料を得ている。産業の規模が小さく、財政の5割をアメリカからの援助に頼っている。観光開発をめざして航空路整備を進めている。

主要貿易品目

輸出は魚類、バナナ、コプラ、ビンロウジュ、衣類。輸入は食料品、機械・車輌、製造品、石油製品。

主要貿易相手国

輸出は日本アメリカ。輸入はアメリカ、日本、オーストラリア

ミクロネシア連邦の歴史

ミクロネシア連邦の文化

広告

当ページ作成にあたり、参考にさせてもらったリソース

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年03月05日 最終更新:2007年04月18日