マーシャル諸島

広告

広告

マーシャル諸島の基本情報

最終更新
2007-04-18T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/oceania/mhl.html#basic
国・地域名(ISO 3166-1による英語名)
マーシャル諸島共和国【Marshall Islands】。公式の英語表記は、Republic of the Marshall Islands。
首都
マジュロ【Majuro】
国旗
マーシャル諸島の国旗
人種
カナカ族
言語
マーシャル語、英語(以上公用語)
宗教
キリスト教(プロテスタントが大部分)
通貨
アメリカ・ドル:US Dollar(USD)
3文字国名コード/2文字国名コード/数字国名コード
MHL/MH/584
人口/面積
57,738/181平方キロメートル(霞ケ浦とほぼ同じ大きさ)
国歌/国花/国鳥
マーシャル諸島よ永久に/-/-
漢字による表記
馬歇爾諸島
時間帯
UTC (+12)(DST: なし)
ccTLD
.MH
国際電話番号
692

マーシャル諸島のその他情報

最終更新
2007-04-18T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/oceania/mhl.html#other

マーシャル諸島の地形

マーシャル諸島の場所

太平洋中西部に浮かぶ島国。ミニ国家の一つであり、真珠の首飾りとも呼ばれるマーシャル諸島全域を領有する。ミクロネシアの東、キリバスの北に位置する。ラタク、ラリクの両列島からなり、全ての島は環礁、サンゴ島など34の島と800余の小礁で形成されている。首都はマジュロ島にあるが、人口の半数以上はクエゼリン島に居住している。

マーシャル諸島の気候

熱帯海洋性で年中高温多雨。気温は日較差・年較差ともに小さい。5〜10月が雨季。

マーシャル諸島の経済

自給的な農漁業と豚の飼育で生活を営んでおり、輸出品はココヤシを加工したコプラと魚介類。現在、アメリカ合衆国からの援助に続き、経済基盤の整備と外国資本の導入と漁業・観光業の振興を促進している。国家予算の半分はアメリカの基地使用料と援助に頼っている。

主要貿易品目

輸出は水産物、コプラ製品。輸入は食料品、機械・車輛、製造品。

マーシャル諸島の歴史

マーシャル諸島の文化

広告

当ページ作成にあたり、参考にさせてもらったリソース

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年03月05日 最終更新:2007年04月18日