クック諸島

広告

広告

クック諸島の基本情報

最終更新
2007-03-22T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/oceania/cok.html#basic
国・地域名(ISO 3166-1による英語名)
クック諸島【Cook Islands】。
首都
(アバルア【Avarua】(ラロトンガ島))
国旗
-
人種
ポリネシア系(クック諸島マオリ族)91%、混血ポリネシア系4%
言語
クック諸島マオリ語、英語(共に公用語)
宗教
キリスト教97.8%(クック諸島教会派69%、ローマ・カトリック15%等)
通貨
ニュージーランド・ドル:New Zealand Dollar(NZD)(3ドル紙幣と硬貨はクックアイランド・ドルとして独自のものを有している。)
3文字国名コード/2文字国名コード/数字国名コード
COK/CK/184
人口/面積
21,200/240平方キロメートル
国歌/国花/国鳥
-
漢字による表記
-
時間帯
UTC -10(DST: なし)
ccTLD
.CK
国際電話番号
682

クック諸島のその他情報

最終更新
2007-03-22T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/oceania/cok.html#other

クック諸島の地形

クック諸島の場所

南太平洋ポリネシアにある24の珊瑚環礁と火山島からなる国で、ニュージーランドとの自由連合関係にある。ニュージーランドの北東約3,000キロメートル、フィジーとタヒチの間に位置し、15の島々より成る。

北クック諸島

南クック諸島

クック諸島の気候

高温多湿の熱帯海洋性気候(ラロトンガの年平均気温24℃、年平均降水量2,000ミリメートル)。サイクロンシーズンは11月〜3月で暴風雨に見舞われることもある。

クック諸島の経済

主な産業は観光業で、アイツタキ環礁は美しいラグーンがある事で有名。農業では、ココナツ、バナナ、タロイモなどを生産し、ココヤシを加工したコプラや柑橘類を輸出。軽工業も若干みられるが、ニュージーランドへ移民もしくは出稼ぎに行く者が多い。

主要貿易品目

輸出は魚類、真珠。輸入は機械・輸送設備、食料品、製造品。

主要貿易相手国

輸出は日本(39%)、ニュージーランドアメリカ。輸入はニュージーランド(82%)、フィジーオーストラリア

2004年、クック統計局

クック諸島の歴史

クック諸島の文化

広告

当ページ作成にあたり、参考にさせてもらったリソース

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年03月05日 最終更新:2007年03月22日