国際連合安全保障理事会

広告

広告

国際連合安全保障理事会とは

最終更新
2007-04-10T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/list/unsc.html#what

国際連合安全保障理事会【United Nations Security Council】とは、国際連合の主要機関の1つ。安全保障理事会は国際連合の中で最も大きな権限を持ち、事実上の最高意思決定機関。国連主要機関の中で法的に加盟国を拘束する権限がある数少い機関でもある。その目的や権限は、国際連合憲章に定められ、世界の平和と安全の維持に対して重大な責任を持つことが規定されている。単に、安全保障理事会。または、略して安保理(あんぽり)と称される。安全保障理事会は、5大国による常任理事国と国際連合加盟国の中から総会で選ばれる10の非常任理事国から成る。理事国の代表は、緊急事態に際して迅速に集まって会合を開くことができるようにするため、国連本部に常に滞在することが義務づけられている。国際連盟が、しばしば緊急時に素早い対応ができなかったことへの反省から国際連合ではこのような義務付けがなされた。ただ、常任理事国のあり方は、国際連合が設立された第二次世界大戦終結時の国際情勢をそのまま反映しており、改革の必要があると言われてきた。しかし、この改革には国際連合憲章の書き換えが必要であり、それには当該5大国の賛成が必要であるため、改革が実施される見込みは薄いと考えられている。

国際連合安全保障理事会での意思決定

9理事国以上の賛成票によって意思決定がなされる。ただし重要問題の決定において常任理事国は拒否権を有し、常任理事5か国のうち1国でも反対すれば決定はできない(大国一致の原則)。これを「国家主権の平等に反している」として疑問視する声も多い。賛成でも反対でもない場合は、常任理事国は棄権することができる。棄権は拒否権の行使とはみなされてはいない。

その他

国際連合安全保障理事会

最終更新
2007-04-10T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/list/unsc.html#list

理事国

常任理事国

広告

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年04月10日 最終更新:2007年04月10日