コモロ

広告

広告

コモロの基本情報

最終更新
2007-03-22T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/in_sea/com.html#basic
国・地域名(ISO 3166-1による英語名)
コモロ連合【Comoros】。公式の英語表記は、Union of Comoros。
首都
モロニ【Moroni】
国旗
コモロの国旗
人種
バントウ系黒人を主流にアラブ人、マダガスカル人、インド人等
言語
フランス語・アラビア語(公用語)、コモロ語(スワヒリ語に近い)
宗教
イスラム教スンニ派97%、カトリック2%
通貨
コモロ・フラン:Comoran Franc(KMF)
3文字国名コード/2文字国名コード/数字国名コード
COM/KM/174
人口/面積
651,901/2,170平方キロメートル(ほぼ東京都大)
国歌/国花/国鳥
偉大な島の連合/-/-
漢字による表記
科摩羅
時間帯
UTC (+3)(DST: なし)
ccTLD
.KM
国際電話番号
269

コモロのその他情報

最終更新
2007-03-22T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/in_sea/com.html#other

コモロの地形

コモロの場所

インド洋のコモロ諸島のグランドコモロ島(ンジャジジャ島)、アンジュアン島(ヌズワニ島)、モヘリ島(ムワリ島)で構成される国。コモロ諸島における残り1つはフランス領のマヨット島。海を隔てて西にはモザンビーク、東南にはマダガスカルがある。山がちで原生林が繁茂。グランドコモロ島にはカルトラ火山(2560m)がある。

コモロの気候

高温多湿の熱帯性気候。11〜4月はインド洋からモンスーンが吹き込み多量の雨がもたらされる雨季。

コモロの経済

主要産物はバニラ、クローブ、イランイランなどの香料。工業はほぼ農産物加工のみ。キャッサバ、米など自給農業。世界最貧国の一つともいわれ、漁業の近代化をめざしている。

主要貿易品目

輸出はバニラ、クローブ、イラン・イラン(香料)。輸入は石油製品、米、肉。

主要貿易相手国

輸出はフランスドイツアメリカ。輸入はフランス、日本ケニア

コモロの歴史

コモロの文化

広告

当ページ作成にあたり、参考にさせてもらったリソース

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年03月05日 最終更新:2007年03月22日