エストニア

広告

広告

エストニアの基本情報

最終更新
2007-03-15T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/e_europa/est.html#basic
国・地域名(ISO 3166-1による英語名)
エストニア共和国【Estonia】。公式の英語表記は、Republic of Estonia。
首都
タリン【Tallinn】
国旗
エストニアの国旗
人種
フィン系エストニア人65%、ロシア人28%、ウクライナ人3%。
言語
エストニア語(公用語)、ロシア語。
宗教
プロテスタント(ルター派)、ロシア正教、エストニア正教、バプティスト、メソジストなど。
通貨
クローン:Estonian Kroon(EEK)(2007年からユーロ導入予定)
3文字国名コード/2文字国名コード/数字国名コード
EST/EE/233
人口/面積
1,341,664/45,226平方キロメートル(日本の約9分の1)
国歌/国花/国鳥
我が故国、我が誇りと喜び/-/ツバメ(ツバメ科)
漢字による表記
-
時間帯
UTC +2(DST: +3)
ccTLD
.EE
国際電話番号
372

エストニアのその他情報

最終更新
2007-03-15T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/e_europa/est.html#other

エストニアの地形

エストニアの場所

東ヨーロッパの国でバルト3国の1つ。ラトビアロシアと国境を接し、西はバルト海、北はフィンランド湾に面す。国土の大半は標高100m以下の平坦地で湿地が多い。大小1500を越える湖と、ヒーウマ島、サーレマ島をはじめとする800の島々が点在する。

エストニアの気候

湿潤大陸性気候で、冬は寒くて長い。首都タリンの港は1年のうち40〜50日ほど凍結する。湿気が高く霧や小雨が多いが、激しい雨は降らない。年間降水量は600mm程度。

エストニアの経済

フィンランドから高速船で1時間半という立地と、タリン市旧市内を中心とした観光を活かし、近年観光経済が発達。バルト3国中で最も経済状況は良好。IT産業が堅調。農業は酪農と園芸が中心で、木材と木材製品も重要な輸出品。バルト海での漁業も盛んで、魚類加工業が発達している。地下資源としてオイルシェールや泥炭が産出され、エネルギー需要の半分程を自給。残りはロシアに依存していたが、独立により国際価格を要求され打撃を受けることとなる。ソ連時代は重工業地区とされたため、電機、電子、機械、石油化学などが発達している。

主要貿易品目

輸出は機械、木材・同製品、繊維・同製品。輸入は機械、輸送機器、金属・同製品。

主要貿易相手国

輸出はEU(25ヶ国)(78.6%)、ロシア(6.0%)、ノルウェー(3.5%)。輸入はEU(25ヶ国)(65.5%)、ロシア(10.3%)、中国(4.8%)。

2004年、WTO

エストニアの歴史

エストニアの文化

広告

当ページ作成にあたり、参考にさせてもらったリソース

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年03月05日 最終更新:2007年03月15日