エリトリア

広告

広告

エリトリアの基本情報

最終更新
2007-03-15T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/e_africa/eri.html#basic
国・地域名(ISO 3166-1による英語名)
エリトリア国【Eritrea】。公式の英語表記は、State of Eritrea。
首都
アスマラ【Asmara】
国旗
エリトリアの国旗
人種
ティグライ、アファール族など9民族
言語
ティグリニャ語、アラビア語、英語(以上公用語)、諸民族語
宗教
イスラム教、エリトリア正教会(コプト教)、ローマ・カトリック、プロテスタントなど
通貨
ナクファ:Nakfa(ERN)
3文字国名コード/2文字国名コード/数字国名コード
ERI/ER/232
人口/面積
4,447,307/121,320平方キロメートル北海道と九州とを併せた広さとほぼ同じ)
国歌/国花/国鳥
〈エリトリアの国歌〉/-/-
漢字による表記
厄立特里亜
時間帯
UTC (+3)(DST: なし)
ccTLD
.ER
国際電話番号
291

エリトリアのその他情報

最終更新
2007-03-15T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/e_africa/eri.html#other

エリトリアの地形

エリトリアの場所

アフリカ東北部に位置し、西はスーダン、南にエチオピア、東はジブチに接し、紅海に面する。主に紅海沿岸の狭い海岸平野と平均標高1000〜1500mの高原地帯からなる。沿岸部は砂漠地帯で、その中央に海面下90mのダナキル低地がある。

エリトリアの気候

熱帯乾燥気候で、特にダナキル低地は年平均気温が30℃を越え、世界一酷暑の地と称される。高原部は比較的温暖な気候。

エリトリアの経済

人口の多くが農業、牧畜業などの第一次産業に従事しているが、自給率は低く、食糧の7割を輸入や援助に依存している。耕地は少ないが、酪農製品、野菜、果樹、コーヒー、タバコを生産する。砂漠地帯では塩が産出、紅海では漁業が行われる。金、銅、鉄鉱石などの地下資源が確認されているが開発には至っていない。イタリア植民地時代には軽工業が発展したが、エチオピアへの併合と独立戦争を通じて荒廃。

主要貿易品目

輸出は鉱物資源、食糧・家畜、鉱工業品。輸入は機械・輸送機器、工業品、食糧・家畜。

主要貿易相手国

輸出はスーダンイタリアジブチドイツエチオピア。輸入はアラブ首連サウジアラビア、イタリア、ドイツ、ベルギー

2002年、EIU

エリトリアの歴史

エリトリアの文化

広告

当ページ作成にあたり、参考にさせてもらったリソース

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年03月05日 最終更新:2007年03月15日