オランダ領アンティル

広告

広告

オランダ領アンティルの基本情報

最終更新
2007-03-05T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/c_america/ant.html#basic
国・地域名(ISO 3166-1による英語名)
オランダ領アンティル【Netherlands Antilles】。
首都
(ウィレムスタット:Willemstad)
国旗
-
人種
ムラート(白人・黒人の混血)85%、カリブ系、ヨーロッパ系。
言語
オランダ語(公用語)、パピアメント(混成語)。
宗教
カトリック72%、プロテスタント。
通貨
オランダ領アンティル・ギルダー:Netherlands Antillean Guilder(ANG)
3文字国名コード/2文字国名コード/数字国名コード
ANT/AN/530
人口/面積
218,126/960平方キロメートル
国歌/国花/国鳥
題名の無い国歌(Volkslied zonder titel)/-/-
漢字による表記
-
時間帯
UTC -4
ccTLD
.AN
国際電話番号
599

オランダ領アンティルのその他情報

最終更新
2007-03-05T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/c_america/ant.html#other

オランダ領アンティルの地形

オランダ領アンティルは、2グループに分かれる以下の5つの島(1島は半分のみ)で構成される(オランダ自治領のアルバも1986年までオランダ領アンティルに属していた)。いずれも禿山状の丘陵をなして標高は低い。

キュラソー島とボネール島はベネズエラ沿岸からわずかのところに位置し、シント・マールテン島、シント・ユースタティウス島、サバ島は北方800Km、小アンティル諸島にある。主都は、キュラソー島のウィレムスタッド。その中心市街と港は1997年世界遺産に登録されている。

オランダ領アンティルの気候

亜熱帯海洋性の気候だが、北東貿易風の影響で暑熱は和らぎ、冬季は乾季となるため快適。11月〜1月の雨季にも降雨量は少い。

オランダ領アンティルの経済

かつては、サトウキビのプランテーションと奴隷貿易で栄えたが、現在はクラサオ島にあるベネズエラ産の原油をあつかう石油精製と貯蔵施設に依存。クラサオ島はキュラソー酒の特産地として有名。観光と金融も盛ん。

オランダ領アンティルの歴史

-

オランダ領アンティルの文化

広告

当ページ作成にあたり、参考にさせてもらったリソース

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年03月05日 最終更新:2007年03月05日