や座(矢座)

広告

広告

や座の各種情報

最終更新
2006-08-10T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/constellation/sge.html#info

星図:や座

略符Sge
属格Sagittae
英語での意味Arrow
制定者プトレマイオス
赤経/赤緯19.50 h / 18.66°
観測可能地域90° 〜 -70°
20時南中9月12日
広さ80 平方度
3等以上の星の数0
最も明るい星(視等級)γ Sagittae(3.47)
流星群-

や座の主な星

最終更新
2006-08-10T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/constellation/sge.html#star
星名英名意味和名視等級スペクトル距離絶対等級
αSham(シャム)-4.37G1II610-
β---4.45gG7250-
γ---3.47gM0170-
δ---3.78gM2+A0410-

シャム

アラビア語の Al Sahm(矢)が語源で、星座全体を表す名称がこの星の固有名称となったとされています。黄色巨星。

ε Saggitae

4つの恒星からなる二重星と考えられています。

や座の主な天体

最終更新
2006-08-10T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/constellation/sge.html#astronomy

その他

最終更新
2006-08-10T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/constellation/sge.html#other

や座の由来

鷲(わし座)に毎日肝臓をついばまれているプロメテウスを見たヘラクレス(ヘラクレス座)が鷲に向かって放った矢が星座になったとされています。

また別の説では、その矢に貫かれたものは誰もが恋の虜になってしまうという愛の神エロスの矢だとされています。エロスは人間の王女プシュケに矢を放つつもりだったのですが、プシュケがあまりにも美しく手元が狂い誤って自分に矢をさしてしまい、自らプシュケに恋をしてしまったとの神話にちなみます。

その他

や座は全天で、みなみじゅうじ座こうま座に次いで3番目に小さい星座です。北天の星座ですが、南極近く以外での南半球でほとんどどの地方でも見ることができます。

広告

Copyright (C) 2006 七鍵 key@do.ai 初版:2006年08月10日 最終更新:2006年08月18日