インターネット上での日付と時刻:タイムスタンプ(序文)

広告

広告

原文

最終更新
2006-10-06T02:34:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/rfc/3339/rfc3339_1.html#source

インターネット上での日付と時刻:タイムスタンプ(和訳)

最終更新
2006-10-06T02:39:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/rfc/3339/rfc3339_1.html#translation

1. 序文

   Date and time formats cause a lot of confusion and interoperability
   problems on the Internet.  This document addresses many of the
   problems encountered and makes recommendations to improve consistency
   and interoperability when representing and using date and time in
   Internet protocols.

日付と時刻の書式が原因で、インターネットにおいて多くの混乱と互換性問題が起こっている。当文書は、多くの想定し得る問題を扱い、インターネットプロトコルで日付と時刻を表すもしくは使用する際の整合性と相互運用性の改善を勧めるものである。

   This document includes an Internet profile of the ISO 8601 [ISO8601]
   standard for representation of dates and times using the Gregorian
   calendar.

当文書は、グレゴリオ暦を使用する日付と時刻を表すISO 8601標準のインターネットプロフィールを含むものである。

   There are many ways in which date and time values might appear in
   Internet protocols:  this document focuses on just one common usage,
   viz. timestamps for Internet protocol events.  This limited
   consideration has the following consequences:

インターネットプロトコルで用いられる日付と時刻には多くの表現があるが、当文書では単に1つの共通の使用法――即ちインターネットプロトコルのイベント用タイムスタンプ――に焦点を絞ることとする。この限定的な考察の結果、次のことが考えられる:

   o  All dates and times are assumed to be in the "current era",
      somewhere between 0000AD and 9999AD.

全ての日付と時刻は現在の時代、即ち西暦0000年から西暦9999年の間であると考えられる。

   o  All times expressed have a stated relationship (offset) to
      Coordinated Universal Time (UTC).  (This is distinct from some
      usage in scheduling applications where a local time and location
      may be known, but the actual relationship to UTC may be dependent
      on the unknown or unknowable actions of politicians or
      administrators.  The UTC time corresponding to 17:00 on 23rd March
      2005 in New York may depend on administrative decisions about
      daylight savings time.  This specification steers well clear of
      such considerations.)

時刻として表される全ての表現は、協定世界時(UTC)との関係(オフセット)を明示されている。これは、現地時間と位置が予め明かであるスケジュールアプリケーションでの用い方とは異なる部分もあり、UTC時刻と実際の時刻との関係は政治家もしくは管理者の未知不可知の行動に依存するおそれがある。ニューヨークでの2005年3月23日の17時に対応するUTC時は、サマータイムの定義に依存するだろう。当仕様書ではこのような考察を避けることとする。

   o  Timestamps can express times that occurred before the introduction
      of UTC.  Such timestamps are expressed relative to universal time,
      using the best available practice at the stated time.

タイムスタンプは、UTCの導入前の時刻を表現することも可能である。このようなタイムスタンプは、その当時の最善の慣習による共通時との関係を表現することとなる。

   o  Date and time expressions indicate an instant in time.
      Description of time periods, or intervals, is not covered here.

日付と時刻の表現はその瞬間を示すものであり、当仕様書では期間や間隔には触れないものとする。

広告

Copyright (C) 2006 七鍵 key@do.ai 初版:2006年10月06日 最終更新:2006年10月06日