IPv6用ICMPの仕様書(ICMPv6通知メッセージ)

広告

広告

原文

最終更新
2006-10-17T01:22:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/rfc/1885/rfc1885_4.html#source

IPv6用ICMPの仕様書(和訳)

最終更新
2006-10-18T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/rfc/1885/rfc1885_4.html#translation

4. ICMPv6通知メッセージ

4.1 エコー要求メッセージ

       0                   1                   2                   3
       0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1
      +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
      |     Type      |     Code      |          Checksum             |
      +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
      |           Identifier          |        Sequence Number        |
      +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
      |     Data ...
      +-+-+-+-+-

   IPv6 Fields:

   Destination Address

                  Any legal IPv6 address.

   ICMPv6 Fields:

   Type           128

   Code           0

   Identifier     An identifier to aid in matching Echo Replies
                  to this Echo Request.  May be zero.

   Sequence Number

                  A sequence number to aid in matching Echo Replies
                  to this Echo Request.  May be zero.

   Data           Zero or more octets of arbitrary data.
IPv6フィールド
宛先アドレス
正当なIPv6アドレスであれば問わない
ICMPv6フィールド
タイプ
128
コード
0
識別子
このエコー要求にエコー応答を結びつけるための識別子。ゼロかもしれない。
シーケンス番号
このエコー要求にエコー応答を結びつけるためのシーケンス番号。ゼロかもしれない。
データ
任意のゼロオクテット以上のデータ。
説明
   Every node MUST implement an ICMPv6 Echo responder function that
   receives Echo Requests and sends corresponding Echo Replies.  A node
   SHOULD also implement an application-layer interface for sending Echo
   Requests and receiving Echo Replies, for diagnostic purposes.

全てのノードは、エコー要求を受信しそれに対応するエコー応答を送信するICMPv6エコー応答側機能を実装しなければならない(MUST)。ノードは、診断目的のためにエコー要求を送信しエコー応答を受け取るアプリケーション層のインターフェイスもまた実装すべきである(SHOULD)。

上位層への通知
   A node receiving this ICMPv6 message MAY notify the upper-layer
   protocol.

このICMPv6メッセージを受信するノードは、上位層プロトコルに知らせるかもしれない(MAY)。

4.2 エコー応答メッセージ

       0                   1                   2                   3
       0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1
      +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
      |     Type      |     Code      |          Checksum             |
      +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
      |           Identifier          |        Sequence Number        |
      +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
      |     Data ...
      +-+-+-+-+-

   IPv6 Fields:

   Destination Address

                  Copied from the Source Address field of the invoking
                  Echo Request packet.

   ICMPv6 Fields:

   Type           129

   Code           0

   Identifier     The identifier from the invoking Echo Request message.

   Sequence       The sequence number from the invoking Echo Request
   Number         message.

   Data           The data from the invoking Echo Request message.

IPv6フィールド
宛先アドレス
要求元のエコー要求パケットの発信元アドレスをコピー。
ICMPv6フィールド
タイプ
129
コード
0
識別子
要求元のエコー要求メッセージにある識別子。
シーケンス番号
要求元のエコー要求メッセージにあるシーケンス番号。
データ
要求もとのエコー要求メッセージにあるデータ。
説明
   Every node MUST implement an ICMPv6 Echo responder function that
   receives Echo Requests and sends corresponding Echo Replies.  A node
   SHOULD also implement an application-layer interface for sending Echo
   Requests and receiving Echo Replies, for diagnostic purposes.

全てのノードは、エコー要求を受信しそれに対応するエコー応答を送信するICMPv6エコー応答側機能を実装しなければならない(MUST)。ノードは、診断目的のためにエコー要求を送信しエコー応答を受け取るアプリケーション層のインターフェイスもまた実装すべきである(SHOULD)。

   The source address of an Echo Reply sent in response to a unicast
   Echo Request message MUST be the same as the destination address of
   that Echo Request message.

ユニキャストのエコー要求メッセージに応答して送信されたエコー応答の発信元アドレスは、そのエコー要求メッセージの宛先アドレスと同じでなければならない(MUST)。

   An Echo Reply SHOULD be sent in response to an Echo Request message
   sent to an IPv6 multicast address.  The source address of the reply
   MUST be a unicast address belonging to the interface on which the
   multicast Echo Request message was received.

エコー応答メッセージは、IPv6マルチキャストアドレスに送信したエコー要求メッセージの応答として送信されるべきである(SHOULD)。応答の発信元アドレスは、マルチキャストエコー要求メッセージが受信されたインターフェイスに属するユニキャストアドレスでなければならない(MUST)。

   The data received in the ICMPv6 Echo Request message MUST be returned
   entirely and unmodified in the ICMPv6 Echo Reply message, unless the
   Echo Reply would exceed the MTU of the path back to the Echo
   requester, in which case the data is truncated to fit that path MTU.

ICMPv6エコー要求メッセージで受信したデータは、エコー応答をエコーの要求元に返す経路のMTUを越える場合を除きICMPv6エコー応答メッセージとして修正されず且つ全てを返信しなければならない(MUST)。経路のMTUを越える場合は、データがその経路のMTUに合うよう切り取られることとなる。

上位層への通知
   Echo Reply messages MUST be passed to the ICMPv6 user interface,
   unless the corresponding Echo Request originated in the IP layer.

対応するエコー要求がIP層で作成されたものでないならば、エコー応答メッセージはICMPv6ユーザインターフェイスに渡されなければならない(MUST)。

4.3 グループメンバシップメッセージ

   The ICMPv6 Group Membership Messages have the following format:

       0                   1                   2                   3
       0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1
      +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
      |     Type      |     Code      |          Checksum             |
      +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
      |     Maximum Response Delay    |          Unused               |
      +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
      |                                                               |
      +                                                               +
      |                          Multicast                            |
      +                                                               +
      |                           Address                             |
      +                                                               +
      |                                                               |
      +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

   IPv6 Fields:

   Destination Address

                  In a Group Membership Query message, the multicast
                  address of the group being queried, or the Link-Local
                  All-Nodes multicast address.

                  In a Group Membership Report or a Group Membership
                  Reduction message, the multicast address of the
                  group being reported or terminated.

   Hop Limit      1

   ICMPv6 Fields:

   Type           130 - Group Membership Query
                  131 - Group Membership Report
                  132 - Group Membership Reduction

   Code           0

   Maximum Response Delay

                  In Query messages, the maximum time that responding
                  Report messages may be delayed, in milliseconds.

                  In Report and Reduction messages, this field is
                  is initialized to zero by the sender and ignored by
                  receivers.

   Unused         Initialized to zero by the sender; ignored by receivers.

   Multicast Address

                  The address of the multicast group about which the
                  message is being sent.  In Query messages, the Multicast
                  Address field may be zero, implying a query for all
                  groups.

ICMPv6グループメンバーシップメッセージは以下のフォーマットを持つ:

IPv6フィールド
宛先アドレス
グループメンバーシップ問い合わせメッセージにおいては、問い合わせのあったグループのマルチキャストアドレスか、ローカルリンクの全てのノードを表すマルチキャストアドレス。
グループメンバーシップ報告或いはグループメンバーシップ削除メッセージにおいては、報告もしくは終了グループのマルチキャストアドレス。
ホップ限界
1
ICMPv6フィールド
タイプ
  • 130:グループメンバーシップ問い合わせ
  • 131:グループメンバーシップ報告
  • 132:グループメンバーシップ削除
コード
0
最大応答遅延
問い合わせメッセージにおいて、応答メッセージが返るまでの最大遅延時間をミリ秒単位で示す。
報告及び削除メッセージにおいて、このフィールドは送信者によってゼロで初期化され、受信者には無視される。
未使用
送信者によってゼロで初期化され、受信者によって無視される。
マルチキャストアドレス
メッセージが送られるマルチキャストグループアドレス。問い合わせメッセージにおいて、マルチキャストアドレスフィールドは全てのグループの問い合わせを意味するゼロかもしれない。
説明
   The ICMPv6 Group Membership messages are used to convey information
   about multicast group membership from nodes to their neighboring
   routers.  The details of their usage is given in [RFC-1112].

ICMPv6グループメンバーシップメッセージは、ノードから隣接ルータへマルチキャストグループメンバーシップについての情報を伝えるために用いられる。これらの利用方法の詳細は、[RFC 1112]に記されている。

広告

Copyright (C) 2006 七鍵 key@do.ai 初版:2006年10月17日 最終更新:2006年10月18日