HDLC【High-level Data Link Control procedure】

広告

広告

HDLCとは

最終更新
2005-07-21T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/nw/wan/lease/hdlc.html#hdlc

データ伝送制御手順の一つでOSI参照モデルデータリンク層プロトコルになります。ブロックごとに送受信間で確認動作を行う基本型データ伝送制御手順【basic mode data transmission control procedure】の欠点を解消したものとなっており、符号の制限を受けず任意のビットパターンを送信することができる、CRCによる厳密な誤り検出が可能、全二重通信が可能などのメリットがあります。

HDLCによる伝送制御手順

最終更新
2005-07-21T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/nw/wan/lease/hdlc.html#work
  1. 回線交換上で相手を呼び出す
  2. Uフレームのコマンドとレスポンスでデータリンクを確立
  3. 送るべき情報をIフレームに格納し、送信。受信不可能、可能通知、再送要求はSフレームにて行う。
  4. 通信を完了するとUフレームのコマンドとレスポンスでデータリンクを開放
  5. 回線交換上で相手との接続を切断する

HDLCのフレームフォーマット

最終更新
2005-07-21T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/nw/wan/lease/hdlc.html#frameformat
HDLCフレーム形式
F
(1)
A
(1)
C
(1)
I
(var)
FCS
(2)
F
(1)
フィールド説明
Fフラグフィールド。フレームの始まりと終わりを示し、同期の機能を持ちます。常に01111110が入ります。送信側ではこのフィールド以外に5連続の1が出現した場合、6ビット目に強制的に0を挿入することとなっています(受信側では当然この0は取り除き上位層に渡されます)。
Aアドレスフィールド。コマンドフレームの際は受信すべき相手のアドレス、レスポンスフレームのときはコマンドを受信した局のアドレス。
C制御フィールド。情報フォーマットのIフレーム、監視フォーマットのSフレーム、非番号性フォーマットのUフレームがあります。
I情報フィールド。制御情報やユーザメッセージが格納されます(可変長)。
FCSフレームチェックシーケンス。誤り検出のために使われます。

広告

Copyright (C) 2005 七鍵 key@do.ai 初版:2005年07月21日 最終更新:2005年07月21日