IGMPv3【Internet Group Management Protocol version 3】

広告

広告

IGMPv3とは

最終更新
2006-03-14T23:38:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/nw/tcpip/ip/igmpv3.html#what

IGMPv2の後継として考えられたのがIGMPv3です。IGMPv3では、マルチキャストデータグラムの受信ホストが、どのマルチキャストグループからのマルチキャストデータグラムの受信を希望するか、そのデータグラムをどの送信元ホストから受信したいのかについて、ルータに通知することができる送信元フィルタリングと呼ばれる技術のサポートが追加されています。

IGMPv3クエリメッセージフォーマット

IGMPv3クエリメッセージフォーマット
Type=0x11(8)Max resp. code(8)Checksum (16)
Group address(32)
RESVS(1)QRV(3)QQIC(8)Number of sources (16)
Source address [1]
Source address [2]
...
Source address [N]
Type=0x11
IGMPクエリであることを表します。
Max resp. code
最大応答時間(単位は秒)。応答レポートを送信するまでの最大時間を表します。
       0 1 2 3 4 5 6 7
      +-+-+-+-+-+-+-+-+
      |1| exp | mant  |
      +-+-+-+-+-+-+-+-+

   Max Resp Time = (mant | 0x10) << (exp + 3)
Group address
マルチキャストグループアドレスを表します。汎用的なクエリでは、このアドレスは0.0.0.0です。
S
ルータによる処理が停止中であることを意味するフラグ(Sフラグ)です。
QRV
Querier Robustness Valueの略で、この値はタイマー及び再試行回数に影響します。
QQIC
Querier's Query Interval Codeの略で、クエリアが使用するクエリインターバルを表します(単位は秒)。
Number of sources
クエリに含まれる送信元の数を示します。group-and-sourceクエリの場合、この数は0となります。
Sourc address[1...N]
送信元アドレスが入ります。

IGMPv3メッセージのレポートフォーマット

IGMPv3メッセージのレポートフォーマット
Type=0x22(8)Resserved(8)Checksum (16)
Resserved(8)Number of Group Records (16)
Group Record [1]
Group Record [2]
...
Group Record [M]

各Group Recordのフォーマット

各Group Recordのフォーマット
Record Type(8)Aux. data Len(8)Number of sources (16)
Group address (32)
Source address [1]
Source address [2]
...
Source address [N]
Auxiliary data
Number of group records
レポートに含まれるレコードの数
Group record [1...M]
レポートを送信したインターフェイス上の単一マルチキャストグループに関する送信側のメンバーシップ情報を含むフィールドのブロック
Record type
グループのレコードタイプ。
Number of sources records
レコードに含まれる送信元の数
Source address [1...N]
送信元のアドレス

補足知識

最終更新
2006-03-14T02:53:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/nw/tcpip/ip/igmpv3.html#supplement

広告

当ページ作成にあたり、参考にさせてもらったリソース

Copyright (C) 2006 七鍵 key@do.ai 初版:2006年03月14日 最終更新:2006年03月14日