AS【Autonomous System】

広告

広告

AS とは

最終更新
2005-07-31T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/nw/routing/as.html#as

インターネットを1つのIP ネットワークと考えた場合、この規模が大きくなればなるほど相互接続する経路の数が増え続けることになります。当然、経路の数が増えますと、ルータルーティングプロトコルによる処理や記憶領域の増大が問題となってきます。そこで、ASなる仕組みが考え出されたわけです。

AS 【Autonomous System】は「自律システム」とも呼ばれ、統一された運用ポリシーによって管理されたネットワークの集まりを意味します。もう少し分かりやすく言いますと、同じルーティング・ポリシーのもとで動作するルータの集合体のこと、となります。インターネットはそれ自体複雑で、一元管理が困難なネットワークです。そこでインターネットを多数のASの集合体として階層化し、ルーティングプロトコルで相互接続することにより、経路の数を削減できるというわけです。例えば、規模の大きなISP【Internet Services Provider】のネットワークは、大抵固有のASを形成しています(ただし、必ずしもISP=AS ではありません)。

AS 解説図

このように、大規模システムを多数の分割したAS の集合とすれば、個々のAS の内部関係とAS 間の外部関係の2つに階層化することができます。そして、AS の内部ルーティングに使用されるルーティングプロトコルIGP【Interior Gateway Protocol】、AS 間でのルーティングに使用されるルーティングプロトコルEGP【Exterior Gateway Protocol】と呼びます。

IGP【Interior Gateway Protocol】

最終更新
2005-07-31T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/nw/routing/as.html#igp

IGPは同一のAS内でルーティング情報を交換するプロトコルです。同じルーティングプロトコルが稼動するルータでも、違うAS内に設置されたルータ同士は通常ルート情報を交換することはできません。違うAS内のルータ同士がルート情報を交換するには再配布(redistribution)と呼ばれる動作が必要となります。IGPとして使用されるプロトコルは、「RIP」「OSPF」「IS-IS」などが有名です。「RIP」は比較的小規模なネットワークに適しています。また、中規模以上のネットワークには、「OSPF」、「IS-IS」などがより適しています。例えば、企業のネットワークにおいては「RIP」「OSPF」などが採用され、キャリアやプロバイダなどのネットワークにおいては「OSPF」「IS-IS」が採用されていることが多いようです。

EGP【Exterior Gateway Protocol】

最終更新
2006-04-30T10:34:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/nw/routing/as.html#egp

EGPは異なるAS間のルーティングを制御するプロトコルです。EGPという名前のEGP実装があることから、概念としてのEGPには小文字のsを付けEGPsとし、実装としてのEGPと区別する場合もあります。EGPとして使用されるプロトコルでは「BGP」が有名です。インターネット初期では「EGP」と呼ばれるプロトコルが使用されていましたが、現在では、「BGP-4(バージョン4)」がインターネットのAS間ルーティングにおける標準となっています。

AS 番号

最終更新
2005-07-31T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/nw/routing/as.html#asno

AS は16ビットの数字(IPアドレスと同じ)を用いたAS番号によってインターネット上で一意に識別され、日本ではJPNIC【JaPan Network Information Center】がその割り当てと管理を行っています。

広告

Copyright (C) 2004-2006 七鍵 key@do.ai 初版:2004年10月17日 最終更新:2006年04月30日