テルル【Tellurium】

広告

広告

テルルの基本情報

最終更新
2007-04-26T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/science/element/te.html#basic

テルルの一般特性

名称/記号/番号
テルル / Te / 52
分類
半金属
族/周期/ブロック
15(VIB) / 5 / p
密度/硬度
6240kg・m-3 / 2.5
単体の色
光沢のある銀灰色

テルルの原子特性

原子量
127.60amu
原子半径(計測値)
140(123)pm
共有結合半径
135pm
VDW半径
206pm
電子配置
[Kr]4d10 5s2 5p4
電子殻
2, 8, 18, 18, 6
酸化数(酸化物)
± 2, 4, 6(酸性酸化物)
結晶構造
六方最密構造

テルルの物理特性

固体(非磁性体)
融点
722.66K(449.51℃/841.12°F)
沸点
1261K(988℃/1810°F)
モル体積
20.46×10-6m3・mol-1
気化熱
52.55kJ・mol-1
融解熱
17.49kJ・mol-1
蒸気圧
23.1Pa(272.65K)
音の伝わる速さ
2610m・s-1(293.15K)

その他

クラーク数
2×10-7%
電気陰性度
2.1(ポーリング)
比熱容量
202J・kg-1・K-1
導電率
200m・Ω
熱伝導率
2.35W・m-1・K-1
イオン化エネルギー
第1:869.3kJ・mol-1/第2:1790kJ・mol-1/第3:2698kJ・mol-1/第4:3610kJ・mol-1/第5:5668kJ・mol-1/第6:6820kJ・mol-1/第7:13200kJ・mol-1

テルルのその他情報

最終更新
2007-04-26T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/science/element/te.html#basic

テルルの特徴

酸素族元素の一つ。金属テルルと無定形テルルがあり、金属テルルは銀白色の結晶(半金属)で、六方晶構造。にんにく臭がある。酸化力のある酸には溶ける。ハロゲン元素とは激しく反応する。テルルには毒性がある。天然に元素鉱物として単体で存在することがある。

テルルの歴史

ミュラー【E.J.Muller】が1782年に単体分離。

テルルの用途

その他

ラテン語の「地球(tellus)」から命名。

広告

当ページ作成にあたり、参考にさせてもらったリソース

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年04月26日 最終更新:2007年04月26日