酸素【Oxygen】

広告

広告

酸素の基本情報

最終更新
2007-04-26T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/science/element/o.html#basic

酸素の一般特性

名称/記号/番号
酸素 / O / 8
分類
非金属
族/周期/ブロック
16(VIB) / 2 / p
密度/硬度
1.429kg・m-3 / (不明)
単体の色
無色(液体窒素、オゾン:青)

酸素の原子特性

原子量
15.9994amu
原子半径(計測値)
60(48)pm
共有結合半径
73pm
VDW半径
152pm
電子配置
[He]2s22p4
電子殻
2,6
酸化数(酸化物)
-2,-1(中性酸化物)
結晶構造
六方晶系

酸素の物理特性

気体
融点
50.35K(-218.79℃/-361.82°F)
沸点
90.18K(-182.95℃/-297.31°F)
モル体積
17.36
×10-3m3・mol-1
気化熱
3.4099kJ・mol-1
融解熱
0.22259kJ・mol-1
蒸気圧
不明
音の伝わる速さ
317.5m・s-1(293K)

その他

クラーク数
49.5%
電気陰性度
3.44(ポーリング)
比熱容量
920J・kg-1・K-1
導電率
不明
熱伝導率
0.02674W・m-1・K-1
イオン化エネルギー
第1:1313.9kJ・mol-1/第2:3388.3kJ・mol-1/第3:5300.5kJ・mol-1/第4:7469.2kJ・mol-1

酸素のその他情報

最終更新
2007-04-26T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/science/element/o.html#basic

酸素の特徴

単体では酸素分子又はオゾンとして存在する。地球上では海・大気・地殻のどこにでも多量に存在し、また宇宙にも広く分布している。酸素は、フッ素に次いで2番目に電気陰性度が大きい元素であり、希ガスを除くほとんどの元素と化合物をつくる。反応性が高く、また支燃性をもつため取扱いには注意を要する。

酸素の歴史

スウェーデンの薬剤師、カール・ウィルヘルム・シェーレによって1771年に発見された。ただしこの発見はその場で気づいたものではなく、その後1774年にジョゼフ・プリーストリーがそれとは独立して発見し、後に広く知られるようになった。酸素の命名は1774年、アントワーヌ・ラヴォアジエによるもの。

酸素の用途

その他

ギリシャ語の「酸っぱい(oxys)+生じる(gennao)」から命名。これは酸素が酸の元であるとの誤解によるもの。

広告

当ページ作成にあたり、参考にさせてもらったリソース

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年04月26日 最終更新:2007年04月26日