カルシウム【Calcium】

広告

広告

カルシウムの基本情報

最終更新
2007-04-26T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/science/element/ca.html#basic

カルシウムの一般特性

名称/記号/番号
カルシウム / Ca / 20
分類
アルカリ土類金属
族/周期/ブロック
2(IIA) / 4 / s
密度/硬度
1550kg・m-3 / 1.75
単体の色
銀白色

カルシウムの原子特性

原子量
40.078amu
原子半径(計測値)
180(194)pm
共有結合半径
174pm
VDW半径
不明
電子配置
[Ar]4s2
電子殻
2,8,8,2
酸化数(酸化物)
2(強塩基性酸化物)
結晶構造
面心立方構造

カルシウムの物理特性

固体(常磁性)
融点
1115K(839℃)
沸点
1757K(1494℃)
モル体積
26.20×10-3m3・mol-1
気化熱
153.6kJ・mol-1
融解熱
8.54kJ・mol-1
蒸気圧
254Pa(1112K)
音の伝わる速さ
3810m・s-1(293.15K)

その他

クラーク数
3.39%
電気陰性度
1.00(ポーリング)
比熱容量
632J・kg-1・K-1
導電率
29.8×106m・Ω
熱伝導率
201W・m-1・K-1
イオン化エネルギー
第1イオン化エネルギー:589.8kJ・mol-1/第2イオン化エネルギー:1145.4kJ・mol-1/第3イオン化エネルギー:4912.4kJ・mol-1

カルシウムのその他情報

最終更新
2007-04-26T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/science/element/ca.html#basic

カルシウムの特徴

アルカリ土類金属元素の一種。銀白色の金属。常温で酸素やハロゲン元素と反応する。常温で水ともゆるやかに反応(アルコールとも反応)、アンモニア(液体)に溶ける。また、ヒトの必須元素で、生体内には約1kgほど存在する。脳の活動を促す働きがあり、骨の主成分でもある。

カルシウムの歴史

1808年にハンフリー・デービー【Humphrey Davy】が、石灰を溶融電解することにより金属カルシウムを単体分離することに成功。

カルシウムの用途

その他

この元素が石灰石の中に化合物として多く含まれているため、ラテン語の「石灰(calx)」から命名。

広告

当ページ作成にあたり、参考にさせてもらったリソース

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年04月26日 最終更新:2007年04月26日