ハロウィン

広告

広告

ハロウィンとは

最終更新
2006-10-28T13:47:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/halloween.html#what

ハロウィン【Halloween】は、万聖節(11月1日)の前晩(10月31日)に行われる伝統行事です。2000年以上昔にケルト人によって行われていたサウィン祭が起源とされ、これがキリスト教に取り入れられ現在のハロウィン行事となったと言われています。アメリカではカボチャをくり抜き目鼻口を付けた提灯ジャック・オー・ランタン)を飾り、魔女やお化けに仮装した子供達が「Trick or treat」(お菓子をくれなきゃいたずらするよ)との決まり文句を唱えて近所の家を一軒ずつ訪ね歩きお菓子を貰うこととなっています。子供たちはそこで貰ったお菓子でハロウィンパーティを開くこともあるようです。

万聖節

"ばんせいせつ"と読み、英語では【All Saints' Day】。日本でのお盆のような行事で、過去に亡くなった人がこの日には蘇ると考えられています。諸聖人の休日【Hallowmass / All hallow mass】とも呼ばれ、キリスト教にて全ての聖人と殉教者を記念する日とされている。

サウィン祭

ソーウィン祭とも言われ、古代ケルトで秋の収穫を祝い、悪霊を追い払う祭り。古代ケルト歴では1年の終りは10月31日とされていました。そこで10月31日には新年と冬を迎える行事が行われ、その夜を死者の祭りとしました。この夜には死者の霊が家族を訪ねたり精霊や魔女が現れると信じられていたからです。古代ケルトではこの世に戻ってくる魂は悪い霊と信じられていたため、家の周りを徘徊する悪霊達がその姿を見て驚いて逃げていくように仮面をかぶり、魔除けの焚き木を焚くようになったようです。

語源

万世節【Hallowmass / All hallow mass】の前夜【Eve】なので、"All Hallow Eve"から"Halloween"になったと言われています。"Hallowe'en"とも表記されます。

神聖な【hallow】+夜【evening】から"Halloween"となったとの説もあります。

ジャック・オー・ランタン

【Jack O' Lantern】。オレンジ色のカボチャをくり抜き、刻み目を入れて内側からろうそくで照らしたハロウィンのシンボルを指します。お化けカボチャ、カボチャ提灯との意味。元々はカブを使っていたようですが、アメリカへの移民達が刻み易いカボチャを使い始め、現在の形となったようです。イギリスやアイルランドでは今も尚カブを用いています。ハロウィンを祝う家庭ではこのジャック・オー・ランタンを作り、悪い霊を追い払うためにハロウィンの晩に家の戸口の上り段に置きます。

ジャック・オー・ランタンの作り方

  1. カボチャの上から数センチを水平に切り取り、中身をくり抜く。切り取った部分(へたの部分)は蓋にするため取っておく。
  2. 下絵を描き、目鼻口を切り抜く。
  3. 中にろうそくを入れて灯して完成。

ジャック・オー・ランタンの話

その昔ウィルという鍛冶屋の男がいたが、口は巧いが汚く素行も最悪で死んでから、 死者の門へ着いたとき、天国へ行くか地獄へ行くかを選定する聖ペテロを騙し、 生き返る。しかし生き返っても彼は、前の通り反省もせず最悪の男のままだったので、 また死んだとき死者の門で、聖ペテロに「お前はもはや天国へ行くことも、地獄へ行くこともまかり通らん」と暗い闇の中を漂うことになる。それを見て哀れんだ悪魔が、地獄の劫火から、轟々と燃える石炭を一つ、ウィルに明かりとして渡した。その明かりは、時々、現世に種火のような弱い光を投げかける。それから、夜中に不思議な光が見えるとき、哀れなウィルの話になぞらえて「種火のウィル」「ウィル・オー・ザ・ウィスプ」と呼ぶようになった。ジャック(男・一般的な男性の名前)の角燈「ジャックオーランタン」ともよばれている。現在は、ナイトメアー・ビフォア・クリスマス等の影響でこちらの方が有名。多種多様な話・呼び名があるが、各教会ごとに脚色したり、本として出版するときに話が増えたのだろう。世界中にも不思議な光の話がある。

Trick or treat

仮装をした子供達が窓を叩き、「Trick or Treat」(お菓子をくれなきゃいたずらするよ)と言ってお菓子をねだるのは、祭り用の食料を貰って歩いた中世の農民の様子を真似たものだと言われています。

ハロウィンの伝説と習慣

アイルランド

死者が魔女や悪魔、黒猫などに化けて地上に現れて騒ぎ、あらゆる意地の悪い危害を加えると信じられていました。アイルランドでは焚き火、にれ、はしばみ、ひいらぎなどがそれらを追い払ってくれるお守りとされ、ハロウィンの晩には丘の頂上にかがり火を焚き、その火でたいまつを灯し丘を降りる習慣がありました。

現在、アイルランドでは10月最後の月曜日が祝日となっています。また、この祝日に続く週は全ての学校が休みとなり、俗にハロウィン休みと呼ばれています。

スコットランド

魔女が魔法の杖をベッドに置き、黒猫に付き添われて煙突から出て、ほうきにまたがり空を飛ぶと言われています。

イギリス

イングランド南部では17世紀以降、ガイ・フォークス・ナイトが祝われるようになり、ハロウィンは廃れた(吸収された)ようです。ただ、スコットランド及びイングランド北部では今も尚ハロウィンは広く祝われています。

ガイ・フォークス・ナイト

【Guy Fawkes Night/Day】。イギリスの熱心なカトリック教徒であったガイ・フォークスは1605年に国会議事堂の地下室に火薬をしかけ、国王であるジェームス一世の暗殺を企てました。この計画は直前に発覚し、ガイ・フォークスは処刑されました。カトリック側のこの陰謀に腹を立てた議会は、翌1606年「神の助けと法王への憎しみを忘れぬために」との記念日を定めたと言われています。

この火薬陰謀事件(Gunpowder Plot)の記念日である毎年11月5日には、子供達は街の通りにガイ・フォークスに見立てたぼろ人形を作って置き、大人が歩いてくると「A penny for the Guy」(ガイのために1ペニーのお恵みを)とねだる習慣がある。最後にはこの人形に火を付け焼き捨て、花火を上げたり祝いの大かがり火を焚いて祭りを終えます(Bonfire Night)。

アメリカ

アメリカでは宗教的な意味は失われ、子供達の楽しい休日となっています。

広告

Copyright (C) 2006 七鍵 key@do.ai 初版:2006年10月28日 最終更新:2006年10月28日