ピトケアン

広告

広告

ピトケアンの基本情報

最終更新
2007-04-12T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/oceania/pcn.html#basic
国・地域名(ISO 3166-1による英語名)
ピトケアン【Pitcairn】。公式の英語表記は、Pitcairn Islands。
首都
(アダムスタウン)
国旗
-
人種
バウンティ号の反乱者のイギリス人水夫とタヒチ系ポリネシア人女性との間に生まれた子孫
言語
英語(公用語)
宗教
プロテスタント
通貨
ニュージーランド・ドル
3文字国名コード/2文字国名コード/数字国名コード
PCN/PN/612
人口/面積
46/47平方キロメートル
国歌/国花/国鳥
ピトケアン讃歌/-/-
漢字による表記
-
時間帯
UTC -8
ccTLD
.PN
国際電話番号
-

ピトケアンのその他情報

最終更新
2007-04-12T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/oceania/pcn.html#other

ピトケアンの地形

南太平洋上に浮かぶイギリスの海外領土。ピトケアン島をはじめとする合計5つの島から成り立つ。諸島とは呼ばれるが、一番東のデュシー島から一番西のオエノ島まで500km以上の広がりがあり、その中に5つ島が散在している。また、ピトケアン島以外に人は住んでいないので、実質ピトケアン島がこの植民地の全てである。また、この島の周囲300kmには、他に人の住む島は無い。ピトケアン島は火山性(最高峰が355m)の面積4.50平方kmの小さな島。島の周囲は断崖絶壁に取り囲まれており、荒波が島を叩き寄せているため海岸線はほとんど無く、岩が転がる浜がほとんど。その為、大型の船が島へ接岸するのは難しいとされる。島の北部、海を見渡す丘の方にバウンティ号の反乱のリーダーであるフレッチャー・クリスチャンがいつも居たというクリスチャンケイブと呼ばれる洞窟がある。島の周囲にアダムズ・ロックとヤングス・ロックと言う岩石の小島がある。その他の島は、サンデー島、オエノ島、ヘンダーソン島、デュシー島。

ピトケアンの気候

亜熱帯海洋性の気候。7〜12月は雨季。

ピトケアンの経済

産業は主に物々交換による経済として漁業と農作物を中心に行われており、芋、バナナ、オレンジなどを栽培。また、外貨を稼ぐため切手の販売もある。鉱物資源の開発が経済発展を促す可能性がある。

ピトケアンの歴史

ピトケアンの文化

広告

当ページ作成にあたり、参考にさせてもらったリソース

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年03月05日 最終更新:2007年04月12日