セントクリストファー・ネイビス

広告

広告

セントクリストファー・ネイビスの基本情報

最終更新
2007-03-28T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/c_america/kna.html#basic
国・地域名(ISO 3166-1による英語名)
セントクリストファー・ネイビス【Saint Kitts and Nevis】。公式の英語表記は、Saint Christopher and Nevis。
首都
バセテール
国旗
セントクリストファー・ネイビスの国旗
人種
アフリカ系が大半を占める
言語
英語(公用語)、パトア語(フランス語ベースのクレオール語)
宗教
カトリック、他に英国国教会等
通貨
ECドル:East Caribbean Dollar(XCD)
3文字国名コード/2文字国名コード/数字国名コード
KNA/KN/659
人口/面積
38,836/261平方キロメートル熊本市とほぼ同じ)
国歌/国花/国鳥
おお美しき地/-/-
漢字による表記
-
時間帯
UTC -4(DST: なし)
ccTLD
.KN
国際電話番号
1-869

セントクリストファー・ネイビスのその他情報

最終更新
2007-03-28T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/c_america/kna.html#other

セントクリストファー・ネイビスの地形

セントクリストファー・ネイビスの場所

西インド諸島の小アンティル諸島にあるセントクリストファー島(セントキッツ島)(168平方km)とネイビス島(94平方km)の2つの島からなる。両島の間には幅3kmのナローズ海峡があり、直径100m足らずのブービー島が位置する。セントクリストファー島は火山島で、標高1156mの休火山ミゼリー山がある。島の最南端にはグレート・ソルト湖がある。山がちな島だが、島の南部には平地もあり人口が集中している。島の北部は山がちで火山性の黒浜の海岸が多い。ネイビス島も火山島で休火山の標高985mのネイビス山があり、島の周囲は珊瑚礁が多い。

セントクリストファー・ネイビスの気候

熱帯海洋性気候で、北東貿易風により1年中快適な気候。極端な雨季や乾季はなく、年間降水量は1300〜1500mm程度。

セントクリストファー・ネイビスの経済

伝統的には農業、特に砂糖生産に大きく依存しているが、近年の経済多角化策の下で、柑橘類など砂糖以外の農産品、観光業、オフショア金融の振興に努めている。農業ではサトウキビのほかにココナッツや綿花の栽培もおこなわれている。また、電機機械の組み立てが産業として確立している。

主要貿易品目

輸出は砂糖、ロブスター、電気部品。輸入は機械類、工業製品、食料品、衣類。

主要貿易相手国

輸出はアメリカ、カリブ諸国、イギリス。輸入はアメリカ、カナダ、カリブ諸国、イギリス、日本

セントクリストファー・ネイビスの歴史

セントクリストファー・ネイビスの文化

広告

当ページ作成にあたり、参考にさせてもらったリソース

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年03月05日 最終更新:2007年03月28日