かんむり座(冠座)

広告

広告

かんむり座の各種情報

最終更新
2006-08-10T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/constellation/crb.html#info

星図:かんむり座

略符CrB
属格Coronae Borealis
英語での意味the Northern Crown
制定者プトレマイオス
赤経/赤緯16 h / +30°
観測可能地域+90° 〜 -50°
20時南中7月13日
広さ179 平方度
3等以上の星の数1
最も明るい星(視等級)ゲンマ(2.2)
流星群-

かんむり座の主な星

最終更新
2006-08-10T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/constellation/crb.html#star
星名英名意味和名視等級スペクトル距離絶対等級
αGemma/Alphecca(ゲンマ/アルフェッカ)宝石/欠けた皿-変光A0n80-
βNusakan(ヌサカン)二列-3.72gA8s100-
γ---3.93A0n140-
ε---4.22gK2170-
θ---4.17B5ne220-

ゲンマ/アルフェッカ

ゲンマはラテン語のゲンマコロナエ(冠の宝石)が語源で、かんむり座の中央に位置していることに由来しています。また、アルフェッカはアラビア語の Al Na'ir al Fakkah(欠けたものの明星)が語源で、かんむり座の形を欠けた円形に見立てたことに由来します。

ヌサカン

アラビア語の An Nasaqani(二列)が訛ったとする説と、星座全体のアラビア名 Kasat al Masakin(こじきの皿)が語源とする説があります。前説については、アラビアではこの星から連なるヘルクレス座こと座へび座へびつかい座を二列の星と見、北の列を An Nasaq ash Sha'mi、南の列を An Nasaq al-Yamaniと呼び、これらの始めの部分が訛ったとされています。

R coronae Borealis

かんむり座R型変光星。

T coronae Borealis

反復新星。

かんむり座の主な天体

最終更新
2006-08-10T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/constellation/crb.html#astronomy

その他

最終更新
2006-08-10T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/constellation/crb.html#other

かんむり座の由来

勇者テセウスがミノタウルスを倒した際、生贄とされていた少年少女の中にミノスの娘である王女アリアドナエアがいました。アリアドナエアはテセウスに恋をし、2人はクレタ島を脱出したのですが、女神アテネの忠告によりテセウスはアリアドナエアをナクソスの島に置き去りにしたのです。そこに酒神ディオニュソスが現れ、彼女を王妃に迎え、その際に贈った7つの宝石で飾った黄金の冠がかんむり座となったと言われています。

広告

Copyright (C) 2006 七鍵 key@do.ai 初版:2006年08月10日 最終更新:2006年08月10日