カシオペア座

広告

広告

カシオペア座の各種情報

最終更新
2006-08-10T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/constellation/cas.html#info

星図:カシオペア座

略符Cas
属格Cassiopeiae
英語での意味the Queen
制定者プトレマイオス
赤経/赤緯1h / 60°
観測可能地域90° 〜 -20°
20時南中12月2日
広さ598 平方度
3等以上の星の数4
最も明るい星(視等級)シェダル(2.23)
流星群Perseids

カシオペア座の主な星

最終更新
2006-08-10T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/constellation/cas.html#star
星名英名意味和名視等級スペクトル距離絶対等級
αSchedar/Schedir/Shedir(シェダル)-2.23K0IIIa130-1.1
βCaph/Chaf/Kaff-2.42dF2451.6
γCih/Tsih(シー)-変光B0ne650-
δRuchbah/Rucha/Rukbat/Ksora(ルクバー/クソラ)ひざ-2.80A5n50-
εSegin(セギン)--3.44B3s450-
ζ---3.72B2s800-
ηAchird--3.5/7.2dF9180-
θ(アル・マルフィク)-4.52A5250-

シェダル

アラビア語の Al Sadr(胸)が語源で、カシオペア王妃の胸に位置することに由来します。オレンジ色の星で、かつては変光星ではないかと疑われましたが、最近では変光星ではないとの説が有力です。

カーフ

アラビア語の Al Kaff al Khadib(染めた手)が語源で、マニキュアを意味しています。アラビアではカシオペア座のW型を作る5つの星を手のひらを広げた姿に見立てていることに由来します。恒星時を計るための指針として使われる星でもあります(ほぼ赤経 0h に位置するため、この星が子午線上にある場合恒星時は0時となる)。

シー

中国語の鞭のローマ文字音写に由来します。特有の変光星で、視等級は1.6〜3と変化します。連星であると考えられ、伴星は中性子星ではないかとの説が有力です。

ルクバー/クソラ

アラビア語の al Rukbat Adh-Dhat al Kursi(椅子にかけている婦人のひざ)が語源とされています。

η Cas

色の対比の美しい二重星。

カシオペア座の主な天体

最終更新
2006-08-10T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/constellation/cas.html#astronomy

ティコ・ブラーエが観測し、チコの星として知られる1572年の超新星はカシオペヤ座で起きました。カシオペヤ座にはカシオペヤ座Aという強力な電波源があり、1667年ごろに出現した超新星の残骸とされていますが、この超新星は観測の記録がありません。

その他

最終更新
2006-08-10T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/constellation/cas.html#other

カシオペア座の由来

カシオペアはギリシア神話に登場する伝説のエチオピア王ケフェウス(ケフェウス座)の妻カッシオペイアに由来します。王妃であり、アンドロメダ姫(アンドロメダ座)の母親にあたります。とても自慢好きで、娘のアンドロメダと海の妖精の美しさを比べたことから海の神ポセイドンの怒りをかい、エチオピアに大災害を引き起こしたとされています。神託によるとアンドロメダを鯨の化け物(くじら座)の生贄として捧げなければポセイドンの怒りはおさまらないとされ、ケフェウスとともにアンドロメダを海岸に鎖で縛って置き去りにしたと言われています。アンドロメダは後に勇者ペルセウス(ペルセウス座)に助けられました。

広告

Copyright (C) 2006 七鍵 key@do.ai 初版:2006年08月10日 最終更新:2006年08月10日