URI共通構文(E)

広告

広告

原文

最終更新
2006-04-14T01:01:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/rfc/2396/rfc2396_e.html#source

URI共通構文(和訳)

最終更新
2006-09-27T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/rfc/2396/rfc2396_e.html#translation

E. Recommendations for Delimiting URI in Context

   URI are often transmitted through formats that do not provide a clear
   context for their interpretation.  For example, there are many
   occasions when URI are included in plain text; examples include text
   sent in electronic mail, USENET news messages, and, most importantly,
   printed on paper.  In such cases, it is important to be able to
   delimit the URI from the rest of the text, and in particular from
   punctuation marks that might be mistaken for part of the URI.

URIは、解釈のための明確な文脈が提供されない形式で伝送されることが少なくない。例えば、URIが平文に含まれる状況、電子メールでの送信、USENETニュースのメッセージ、そしてもっとも重要な紙に記されたものを挙げることができる。このような場合、URIをその他のテキスト、特にURIの一部と誤って解釈されかねない読点と分けることが重要である。

   In practice, URI are delimited in a variety of ways, but usually
   within double-quotes "http://test.com/", angle brackets
   <http://test.com/>, or just using whitespace

                             http://test.com/

現実には、URIは様々な方法で区切られているが、通常はダブルクォーテーション"http://test.com"、山括弧<http://test.com/>、あるいは単純に空白を用いる。

   These wrappers do not form part of the URI.

これらの区切り文字はURIの一部を構成しない。

   In the case where a fragment identifier is associated with a URI
   reference, the fragment would be placed within the brackets as well
   (separated from the URI with a "#" character).

フラグメント識別子がURI参照に付いている場合、フラグメント識別子もまた括弧内に記述される(URIとは"#"で区切られる)。

   In some cases, extra whitespace (spaces, linebreaks, tabs, etc.) may
   need to be added to break long URI across lines. The whitespace
   should be ignored when extracting the URI.

複数行にまたがる長いURIを改行するために、余分な空白(スペース、ラインブレーク、タブなど)が必要となることもあるため、URIを抽出する際には空白を無視するべきである。

   No whitespace should be introduced after a hyphen ("-") character.
   Because some typesetters and printers may (erroneously) introduce a
   hyphen at the end of line when breaking a line, the interpreter of a
   URI containing a line break immediately after a hyphen should ignore
   all unescaped whitespace around the line break, and should be aware
   that the hyphen may or may not actually be part of the URI.

ハイフン"-"の後に空白を続けるべきではない。植字者や印刷者によっては改行の際に(誤って)行末にハイフンを挿入するかもしれず、ハイフンのすぐ後に改行文字のあるURIを解釈するものは改行の前後にあるエスケープされていない全ての空白を無視すべきであり、ハイフンが実際にそのURIの一部となるかどうかが判ることが望ましいからである。

   Using <> angle brackets around each URI is especially recommended as
   a delimiting style for URI that contain whitespace.

空白を含むURIを区分するスタイルとして、山括弧"<>"で各URIを括る方法を特に推奨する。

   The prefix "URL:" (with or without a trailing space) was recommended
   as a way to used to help distinguish a URL from other bracketed
   designators, although this is not common in practice.

山括弧で括られた他の指示文字列とURLを区別する方法として、接頭辞"URL:"(後にスペースがある場合とない場合がある)の使用が推奨されていたが、実際この方法は一般的とは言えない。

   For robustness, software that accepts user-typed URI should attempt
   to recognize and strip both delimiters and embedded whitespace.

堅牢性のため、ユーザがタイプしたURIを受け付けるソフトウェアは、区切り文字と埋め込まれた空白を認識し取り除くことを試みることが望ましい。

   For example, the text:

      Yes, Jim, I found it under "http://www.w3.org/Addressing/",
      but you can probably pick it up from <ftp://ds.internic.
      net/rfc/>.  Note the warning in <http://www.ics.uci.edu/pub/
      ietf/uri/historical.html#WARNING>.

   contains the URI references

      http://www.w3.org/Addressing/
      ftp://ds.internic.net/rfc/
      http://www.ics.uci.edu/pub/ietf/uri/historical.html#WARNING

例えば以下のテキスト(略)は、URI参照(略)を含む。

広告

Copyright (C) 2006 七鍵 key@do.ai 初版:2006年04月14日 最終更新:2006年09月27日