URI共通構文

広告

広告

原文

最終更新
2006-04-14T01:01:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/rfc/2396/rfc2396.html#source

URI共通構文(和訳)

最終更新
2006-09-20T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/rfc/2396/rfc2396.html#translation

Status of this Memo

   This document specifies an Internet standards track protocol for the
   Internet community, and requests discussion and suggestions for
   improvements.  Please refer to the current edition of the "Internet
   Official Protocol Standards" (STD 1) for the standardization state
   and status of this protocol.  Distribution of this memo is unlimited.

当文書はインターネットコミュニティにおけるインターネット標準化過程を規定し、改良のための議論と提言を求むものである。このプロトコルの標準化状態とプロトコルの状況については、最新版のインターネット公式プロトコル標準(STD1)を参照されたい。当文書は配布に関しての制限を設けていない。

Copyright Notice

Copyright (C) The Internet Society (1998).  All Rights Reserved.

IESG Note

   This paper describes a "superset" of operations that can be applied
   to URI.  It consists of both a grammar and a description of basic
   functionality for URI.  To understand what is a valid URI, both the
   grammar and the associated description have to be studied.  Some of
   the functionality described is not applicable to all URI schemes, and
   some operations are only possible when certain media types are
   retrieved using the URI, regardless of the scheme used.

当文書はURIを用いる操作を包括し得る集合について書かれており、その集合はURIの文法と基本的な機能の解説からなる。正当なURIを理解するには、その文法と解説を学ばなければならない。全ての解説してある機能があらゆるURIスキームに適用できるわけではなく、また、いくつかの操作はURIを用いて特定のメディアタイプを探すことだけが可能であり使われるスキームに依存するものではない。

Abstract

   A Uniform Resource Identifier (URI) is a compact string of characters
   for identifying an abstract or physical resource.  This document
   defines the generic syntax of URI, including both absolute and
   relative forms, and guidelines for their use; it revises and replaces
   the generic definitions in RFC 1738 and RFC 1808.

URIは、理論的または物理的なリソースを識別するためのシンプルな文字列である。当文書は絶対URIと相対URIの一般的な構文を定義し、使用方法のガイドラインとする――これによりRFC1738とRFC1803での一般的な定義は変更、置換される――ものである。

   This document defines a grammar that is a superset of all valid URI,
   such that an implementation can parse the common components of a URI
   reference without knowing the scheme-specific requirements of every
   possible identifier type.  This document does not define a generative
   grammar for URI; that task will be performed by the individual
   specifications of each URI scheme.

当文書は全ての正当なURIを包括する集合となる文法を定義するものである。これは、とり得る全ての識別タイプについてスキームの要求仕様を知らなくとも、処理系がURI参照の共通する要素を解析できるものである。ただし、当文書はURIを生成する文法を定義するものではなく、その仕事は各URIスキーム個々の仕様書が担うものである。

広告

Copyright (C) 2006 七鍵 key@do.ai 初版:2006年04月14日 最終更新:2006年09月20日